ニュース

オウケイウェイヴ、分散型モバイルウォレット開発[LastRootsとの連携は]

記事のポイント

  • オウケイウェイヴ、モバイルウォレット開発
  • ブロックチェーン開発プロジェクトの製品化第2
  • Android向けのβ版
  • 子会社化を予定するLastRootsの取引業との連携に期待

48日、株式会社オウケイウェイヴのグループ会社OK BLOCKCHAIN CENTRE SDN.BHD(OBC)は、同グループ開発プロジェクトの第二弾として、ブロックチェーン技術を用いた分散型モバイルウォレット[CTRAX]を開発し、Android向けのβ版アプリを公開したことを発表した。

 

分散型モバイルウォレット[CTRAX]

同ウォレットは、OBC独自ブロックチェーン「Thor’s Hammer」上に構築した暗号資産取引ができるものとなっている。今回はAndroid向けのβ版アプリの公開となったが、iOS版に関しても今後提供予定だ。同アプリには暗号資産の売買および送受信、市場価格の確認、ウォレットのバックアップの復元等の機能が実装されており、同アプリのみで暗号通貨取引に必要なサービスを利用できる。さらに、独自ブロックチェーン上にあるため暗号通貨の取引はP2Pで完結し、仲介業者を必要としないために暗号資産取引におけるプライバシー保護、効率さ、コストの軽減といった利便性が存在する。今回のβ版ではBitcoin(ビットコイン)Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)Ethereum(イーサリアム)NEO(ネオ)4種類の暗号資産の取引が可能だ。

  • ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。分散され、中央管理者がいないため、データの改ざん・破壊に強いという特徴のほか、サーバーのダウンや中央管理者による不正にも強いものとなっている。ただ、同技術にはもちろん専門的な知識が必要であり、開発や運用のハードルも高いため実用化に向けては、法整備はもちろん技術者の育成などが必要となっている。

 

オウケイウェイヴのブロックチェーン・暗号通貨に関する動き

オウケイウェイヴは国内でも暗号通貨・ブロックチェーンに関する動きが多いことから注目されている企業の一つである。先日は国内唯一の仮想通貨交換業みなし業者となったLastRoots3.5億円もの第三者割当増資を引き受けていた。同社が提供する国内最大手の質問サイトOKWAVEでも質問への回答のお礼として、暗号通貨ビットコインを送付できる機能と提供するほかクラウドマイニング事業に参入したり、イスラエルに研究機関としてOK ISRAEL LABを設立したりといった動きを見せている。

また子会社・グループ企業を通じてのブロックチェーン事業への取り組みも盛んであり45日には、同技術を活用した電子投票システム[BCvote]の実証実験実施に関する発表を行っていた。

同社は国内唯一のみなし業者LastRootsを子会社化する計画であり、業務・資本提携をしながらこの関係強化を進めている。今回開発したモバイルウォレット[CTRAX]は、LastRootsが運営する取引所[c0ban]との連携もあるのではないかと期待される。

 

まとめ

大手取引所による分散型取引所(DEX)開設の動きが活発になっているように、既存の中央集権型のサービスから分散型への関心は今も衰えることはない。もちろん中央集権型サービスには特定の管理者がいるからこそのサポートやサービスといった面での利点も数多く存在するが、やはり取引の効率・プライバシー保護といった点での分散型の利点は魅力的である。

 

関連記事

 


参考:株式会社オウケイウェイヴ[OK BLOCKCHAIN CENTREがブロックチェーン・ベースの分散型モバイルウォレット『CTRAX』を開発]

関連記事

  1. Ernst & Youngが約1300万ドル分のビットコインを…

  2. ペイパルが仮想通貨決済の特許申請へ

  3. NYDFSの暗号通貨関連事業への対応[Bitstamp/Bittrex…

  4. ロシアが規制法案発表

  5. 資金洗浄に関与した疑いで取引所CEO逮捕

  6. マネーフォワード、交換業参入への意欲

PAGE TOP

ニュース

1週間(4/15~4/20)のニュースまとめ

ニュース

昨日(4/20)のニュースまとめ

ニュース

Crypto Garage,P2Pプロトコル開発[国内サンドボックス認定企業]

ニュース

Xpring、Bolt Labsへ出資[匿名技術の導入か]

ニュース

MUFGとAkamaiの決済ネットワーク[GO-Net]2020年提供予定

ニュース

RBI,サンドボックス草案発表[暗号通貨は対象外もブロックチェーン技術は対象]

ニュース

昨日(4/19)のニュースまとめ

取引所

取引所の選び方[初心者向け]