ニュース

大和証券、ミャンマーでのブロックチェーン技術の促進へ

大和証券グループがミャンマーのヤンゴン証券取引所にて行っていたブロックチェーンの実証実験を終えて、実用化の目途が立ったことがわかった。

 

大和証券がミャンマー国内でブロックチェーン技術を利用した株取引を実用化する方向に動き出したようだ。

 

大和証券は、大和総研HDとしてフィンテック研究に取り組んでおり、ミャンマー内での証券取引所や、証券会社をモデルとして実証実験を行っていたが、実用化の目途が立ったとした。

 

実証実験は、現地の証券会社とヤンゴン証券取引所をつなぐ形を想定し6月から9月にかけて行われていた。現地によくある通信障害、停電などのトラブル下でもシステムが安全に稼働できるかの確認もなされたようだ。また、ブロックチェーン技術の導入には、ブロックチェーン企業のコンセンサス・ベイスが協力している。

 

ブロックチェーンによって台帳が共有されることによって、上記の災害時にも情報の参照ができるようになる。

 

ミャンマー国内ではテックビューロやインフォテリアがマイクロペイメントの実証実験を行っており、国全体を挙げてのフィンテック推進に力を入れているようだ。

 

大和証券グループは、今回の実験を受けて実用化に向け、ミャンマー政府と話し合いを行っていく模様だ。

 

関連記事

  1. RippleLabs、米国財務省の元財務次官補を採用

  2. ビットコインへの課税措置について。

  3. ビットコインで車を買う!

  4. 韓国ICO禁止

  5. Berkeley、ブロックチェーン技術研究機関を設立

  6. アメリカ政府がブロックチェーンの技術者を募集か?

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP