ニュース

大和証券、ミャンマーでのブロックチェーン技術の促進へ

大和証券グループがミャンマーのヤンゴン証券取引所にて行っていたブロックチェーンの実証実験を終えて、実用化の目途が立ったことがわかった。

 

大和証券がミャンマー国内でブロックチェーン技術を利用した株取引を実用化する方向に動き出したようだ。

 

大和証券は、大和総研HDとしてフィンテック研究に取り組んでおり、ミャンマー内での証券取引所や、証券会社をモデルとして実証実験を行っていたが、実用化の目途が立ったとした。

 

実証実験は、現地の証券会社とヤンゴン証券取引所をつなぐ形を想定し6月から9月にかけて行われていた。現地によくある通信障害、停電などのトラブル下でもシステムが安全に稼働できるかの確認もなされたようだ。また、ブロックチェーン技術の導入には、ブロックチェーン企業のコンセンサス・ベイスが協力している。

 

ブロックチェーンによって台帳が共有されることによって、上記の災害時にも情報の参照ができるようになる。

 

ミャンマー国内ではテックビューロやインフォテリアがマイクロペイメントの実証実験を行っており、国全体を挙げてのフィンテック推進に力を入れているようだ。

 

大和証券グループは、今回の実験を受けて実用化に向け、ミャンマー政府と話し合いを行っていく模様だ。

 

関連記事

  1. 仮想通貨の割安・割高ランキング

  2. IBMは合法大麻の管理にブロックチェーンを

  3. BTC、より魅力的に、取引手数料が低下傾向

  4. ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

  5. Berkeley、ブロックチェーン技術研究機関を設立

  6. ビットコインの安全な保管にはハードウォレット

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補