ニュース

取引所SBI VC,Cool X Walletサービス拡大キャンペーン開催

記事のポイント

  • 取引所SBI VC、キャンペーン開催
  • Cool X Walletサービス利用

41日、国内仮想通貨交換業者であるSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社は「Cool X Walletサービス拡大キャンペーン」を開催することを発表した。同ウォレットに関するキャンペーンは今回で2回目となる。

 

Cool X Walletサービス拡大キャンペーン

このキャンペーンでは同取引所が提供しているクレジットカードサイズのカード型コールドウォレット[Cool X Wallet]をより多くの利用者に利用してもらうためのキャンペーンである。

同取引所の口座開設を完了しており、201941日午前6時時点で同社とリアル会暗号通貨を日本円評価額で100,000円以上保有している方・もしくは20181221日以降に暗号通貨の受取サービスを一度以上利用した方が、本キャンペーンの対象者だ。

  • SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 暗号通貨取引所「SBI Virtual Currencies」の開発運営、システムの提供を行っている。71歳以上の新規口座開設に対応したり、暗号通貨の受取・送付サービスを開始したりといった新しいサービス提供が注目されている取引所。201712月に、中国を中心としたアジア地域で暗号通貨関連事業を展開するHuobi Universal Incおよびその関係会社と資本・業務提携行う基本合意の締結が行われていたが、20183月に取りやめが発表された。

 

Cool X Walletとは

SBI VCが提供するカード型コールドウォレットウォレット。これは同取引所から暗号通貨を出庫する際に必要なウォレットとなっている。カード型ウォレットといってもそのカードで操作せず、スマホと接続してスマホで暗号通貨の送受金を行うことが可能である。また、取引所サービスではあるものの、秘密鍵はこの各自に与えられたウォレットで管理することとなる。他のウォレット同様に様々なウォレットへ送金すること・手数料を自分で設定することが可能である。対応通貨は以下の4種。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム(Ethereum/ETH)
  • リップル(Ripple/XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

ただ、カードは専用端末であり、有償で利用できるものとなっている。(2年契約7200円、月額300)ただし、今回のようなキャンペーンで同ウォレットを無償で利用できる場合もある。

 

ウォレット

ウォレットとは暗号通貨の秘密鍵を管理するものだ。秘密鍵は暗号通貨の所有権を示すものであり、「このコインは私のものです」と証明するものである。そのためウォレットのハッキングで秘密鍵が盗まれた場合、「所有権」を盗まれたのと同じことであり、暗号通貨が盗まれてしまうという事態につながる。ウォレットではそうした重要な暗号通貨の秘密鍵を保管するものであり、これの安全性・利便性を向上させるために世界的に研究開発が進められている。

なかでもコールドウォレットはインターネットから完全に切り離した状態で保管・管理を行う方法であり、セキュリティ性の高さが特徴となっている。ただ、これまで主流となっていたコールドウォレットではネットへの接続に手間がかかることから、安全に管理できる一方で利便性が低いとされてきた。近年はこうした利便性に関する課題解決のため「カード型ウォレット」が注目されており、持ち運びが簡単でスマホと接続でき、簡単に利用できるという点が特徴とされている。すでに国内でもWodcaGincoSONYなどでこれらの開発・サービス提供が進められている。

 

まとめ

同キャンペーンの条件を満たしており、自分でウォレット管理を行うことに関心のある方やカード型のコールドウォレットに興味のある方は、この機会に利用を始めてみてはいかがだろうか。同キャンペーンやCool X Walletに関する質問は同社カスタマーセンターで対応している。

国内取引所は現在様々なキャンペーンを開催しているが、取引や新規口座開設ではなくウォレットでのキャンペーン開催は珍しいのではないだろうか。

 

関連記事

 


参考:SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社[Cool X Walletサービス拡大キャンペーンのおしらせ]

関連記事

  1. アメリカの裁判所「先物委員会はBTC先物を規制してよい」

  2. bitFlyerサーバー不安定続く

  3. Huobi、今度はブラジル市場に参入

  4. タイ、証券法改正でデジタル証券の発行可能に

  5. Google、暗号通貨関連広告の解禁へ[Googleの影響力]

  6. 審査に突入している7社は[新たなサービス開始なるか]

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]