ニュース

LVMH社が、自社のブランド真贋証明のためにブロックチェーン活用

記事のポイント
  • 高級ブランド[Louis Vuitton]などでブロックチェーン活用
  • 商品取引の透明性確保へ
  • 偽物の排除

世界的な高級ブランド[Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)]などを傘下に収めるLVMH社が、自社のブランドを騙る贋作を排除するため、透明性を確保するためにブロックチェーン技術を活用する計画であることが判明した。これは暗号通貨業界メディア[Coindesk(コインデスク)]が関係者に取材したことでは明らかとなった。正式発表ではない。

 

LVMH、ブロックチェーンの活用計画か

Coindeskの報道では、このブロックチェーンプラットフォームは[AURA]と名付けられ、早ければ5月にも活用されるとされている。対象となるブランドは、Louis VuittonParfums Christian Diorであり、段階的にLVMH社の有する他ブランドも対象として加える計画であるとされている。

Coindeskの取材ではLVMH1年以上も前からブロックチェーン技術の活用に関する計画を進めており、ブロックチェーン企業であるConsenSysMicrosoftと開発を進めてきたという。この[AURA]に関してはCoindeskの取材によって判明したことであり、LVMHConsenSysMicrosoftらは正式発表を行っていない。

 

  • LVMH(Moët HennessyLouis Vuitton SE) フランス・パリに本拠点を構える世界最大級のファッション業界大手企業。ファッションブランドとしては、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)KENZO(ケンゾー)など、化粧品・香水ブランドとしてはDior / Parfums Christian Dior(ディオール/パルファン・クリスチャンディオール)、時計ブランドとしてはTAG HEUER(タグ・ホイヤー)とあり、このほかにもお酒のブランドなどを有している。
  • ConsenSys Ethereum(イーサリアム)プロジェクトの創業メンバーの一人であるジョセフ・ルービン氏が 2014 年に設立したブロックチェーン企業。次々と新しいビジネスを生み出すスタートアップスタジオであると同時に、分散型アプリケーション(DApps)の開発環境や大企業向けのソリューショ ン、ブロックチェーン技術を活用したエコシステムの開発ツールや教育プログラムを提供するブロックチェーンの開発コンサルタント会社でもある。パートナーとしてはMicrosoftUbuntuが挙げられる。新生銀行とも覚書を交わしている。

 

ブランドの真贋証明・透明性確保にブロックチェーン

ブロックチェーンのその耐改竄性の高さから商取引の透明性を確保するために、活用を進めようという動きが世界的にみられている。LVMHのようなブランドの真贋を証明するためのものはもちろん、ダイヤモンドなどの宝石が紛争地域で採掘されたものでないかどうかに、コーヒーが重要な輸出品であるエチオピアでは農家から最終製品に至るまでに汚職がないかの監視に、ブロックチェーンを活用しようという動きがある。また、このほかに募金活動や慈善団体の活動などの透明性証明のために利用されることも増えつつある。

ブロックチェーン技術は比較的新しい技術であり、まだ実社会への導入は始まったばかりではあるが、こうした「取引」に関する透明性や公正なうごきを促進させるための重要な柱となるのではないかと期待されている。

  • ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。分散され、中央管理者がいないため、データの改ざん・破壊に強いという特徴のほか、サーバーのダウンや中央管理者による不正にも強いものとなっている。ただ、同技術にはもちろん専門的な知識が必要であり、開発や運用のハードルも高いため実用化に向けては、法整備はもちろん技術者の育成などが必要となっている。

 

まとめ

LVMHのブロックチェーン技術活用については正式発表がないためまだ確定ではない。しかし食品やダイヤモンドなどのブランドでも真贋証明のためにブロックチェーンの導入を進める動きがあることから、決してあり得ないものではないとみられている。国内でも日本音楽著作権協会(JASRAC)が、楽曲の利用・徴収・分配履歴を管理し音楽著作権使用料の動きに関する透明性を確保するためにブロックチェーン技術の導入計画を発表。ソニー・富士通が教育の成績証明書にブロックチェーン技術を活用するための実証実験開始、とさまざまな動きが見られている。

 

関連記事

 


関連記事

  1. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  2. mijinで在宅勤務における問題解決へ[テックビューロ]

  3. EOS、脆弱性が見つかる

  4. 昨日(9/20)のニュースまとめ

  5. ネバダ州でブロックチェーンが非課税に。公的能力も認める。

  6. MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

PAGE TOP

ニュース

ロシア、資金洗浄対策規制改定[暗号通貨関連取引]

ニュース

Arkcashの上場/サイトにアクセスできない[コインの森何でも相談室]

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]

ニュース

シンクロライフ、暗号通貨でeギフト購入可能に

ニュース

IOSCO、暗号資産に関する報告書発表[証券市場との共通論点]

ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”