ニュース

国内取引所新体制の動き[コインチェック・TaoTao]

記事のポイント

  • コインチェックの取締役会長に松本大氏就任
  • TaoTaoでは代表取締役社長交代

国内仮想通貨交換業者で組織再編の動きが見られている。27日にはコインチェックで同社の取締役会長に松本大氏が就任し、同社の執行役人3名はマネックスグループの執行役員を兼任することが発表され、28日にはTaoTaoで代表取締役社長の交代が発表された。

 

コインチェックの取締役・執行役員の移動

327日、マネックスグループ株式会社は、同グループ各社の経営体制強化・連携強化を目的とした役員の人事異動を行うことを発表した。この中には同グループ傘下である国内取引所コインチェックの役員・従業員の移動も含まれており、同グループ代表取締役社長の松本大氏が、マネックス証券の取締役会長とコインチェックの取締役会長に就任することとなった。加えてコインチェックの執行役員3名は、グループ会社間の連携強化のためにマネックスグループの執行役員を兼務することとなった。

これにより、41日付でコインチェックの取締役会長には松本大氏が就任し、コインチェックの元社長である和田晃一良氏は執行役員へ、元取締役の大塚雄介氏はマネックスグループの執行役員を兼務することとなる。

  • コインチェック  20128月に設立し、2019年1月11日に金融庁での登録を完了した日本最大級の仮想通貨取引所「コインチェック」を運営する企業。2018126日にNEMの流失事件を起こし、業務改善命令が下され、自社だけでの再建が難しいことから、金融に関する知識を有するマネックスグループが同年416日付で全株式を36億円で買収し、同社の立て直しが行われた。

 

TaoTaoの代表取締役社長交代

328日、TaoTao株式会社は同日付で代表取締役の交代を実施したことを発表した。これまで同社の代表取締役を務めていた尹 煕元氏は退任し、新たにヤフーグループ内企業[ワイジェイFX株式会社]の代表取締役を務めている荒川 佳一朗氏が就任する。ワイジェイFXは国内の金融商品取引業者であり、外国為替取引・外国為替証拠金取引サービスを提供している。今回の交代で荒川氏はこのワイジェイFXTaoTaoの代表を兼任することとなる。

  • TaoTao株式会社(旧:ビットアルゴ取引所東京) 2018413日にはヤフー株式会社の100%子会社であるZコーポレーション株式会社からの資本参加を受入れることを決定し、Zコーポレーションに対して第三者割当増資を実施。201924日に「ビットアルゴ取引所東京」から「TaoTao」へと社名変更を行った。取引所サービスは20195月に開始することを予定しており、現在口座開設の事前登録キャンペーンが開催されている。

 

まとめ

国内では取引業者による商号・社名変更の動きや取引システムの意向などが活発的に行われていた。今回の変更はそうしたわかりやすい名称変更ではないものの、グループ間での連携強化などを目的に行われているため、今後のサービス展開にも影響してくるのではないかとみられている。ただ、こうした「変更」の情報を悪用し、取引業者ではない違法なものがサービスの勧誘などを行う場合もあるので、注意が必要である。国内では暗号通貨の売買・他の通貨との交換や取引の取次・代理取引を業として行うには、金融庁・財務局への登録が必要だ。サービス勧誘を受けても、その場で判断せずにきちんと認可を受けた業者であるかの確認を取ることをお勧めする。

 

関連記事

 


関連記事

  1. 全面安をどう見る?ゴールドマンサックスの見解

  2. 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が仮想通貨業界に本格参入…

  3. 暗号通貨が身近に[Lite.IM・XRP Text]

  4. 中国、規制体制変わらず

  5. WannaCry対策アプリを名乗る偽アプリが登場、マカフィーが注意促す…

  6. AMDがマイニング特化のGPU発表

PAGE TOP

ニュース

北朝鮮、独自通貨開発の考え[経済制裁回避]

ニュース

イラン、マイニング登録厳格に[毎年更新]

ニュース

Binance、中国市場向けプラットフォーム開設計画

ニュース

Aerial Partnersの新たなサービス[エンタープライズ版]

ニュース

Binanceの[Venus]、Libraの競合的存在へ[国家の主権]

ニュース

Coinbase、新たに17種の上場検討

ニュース

昨日(9/19)のニュースまとめ

ニュース

取引所Huobi[国内取引所まとめ]