ニュース

IndieSquare、テックビューロと業務提携、「Zaif」公開へ

テックビューロが、IndieSquareと提携し、「Zaif」のモバイルアプリをリリースした。

 

 

このモバイルアプリは、IndieSquareとの提携により、Counterpartyのトークンウォレット機能を搭載しており、Zaifの取引所で各種仮想通貨が取引できるだけでなく、Counterpartyトークンを利用したサービスを利用することができる。

 

IndieSquareは、世界中で最も人気のあるモバイルトークンのウォレットである「IndieSquare Wallet」の開発会社であり、テックビューロの「Zaif」はこのウォレットをベースとして改良し開発されている。

 

ブロックチェーンを利用したトークンの技術は日々進歩しており、クーポンやポイント、あるいはトレーディングカードという形でトークンをやり取りすることが可能になっている。

 

これをZaifなどのブロックチェーン上で取引することで、取引記録が安全な形で残ることになるので、サービスを跨いだポイントの連携なども行いやすくなるそうだ。

 

現在、アプリ内のウォレットと、Zaifの取引所内のウォレットは独立して動作しているが、今後はこの二つの連携を密接にしていくことによって、アプリのユーザビリティを高めていくのを目指すという。

 

関連記事

  1. GAIN CapitalがXRPなどをデリバティブ商品へ

  2. 昨日(5/11)のニュースまとめ

  3. ドイツの金融監督庁がOneCoinの決済口座を凍結

  4. Rippleを中心とした企業の動き[xRapidとxCurrent]

  5. 暗号通貨業界への新規参入企業[日本]

  6. 『南米のeBay』と呼ばれる企業、ビットコイン関連プラン発表

PAGE TOP

ニュース

ダボス会議、閉幕[地球環境問題と国家のあり方]

ニュース

昨日(1/25)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習講座[資産管理の重要性]

ニュース

BIS,暗号通貨・CBDCに関する調査[政権や金融への不信感]

ニュース

ウクライナ、暗号通貨監視強化[EUでの資金洗浄対策]

ニュース

ハワイ、銀行の暗号通貨カストディ業合法化へ[既存金融機関と暗号通貨関連事業]

ニュース

メルカリ、Origamiを孫会社化[スマホ決済、再編進む]

ニュース

麻生大臣、「信頼性」に関する慎重な検討が必要[CBDC]