ニュース

リップルラボ、国際送金大手ウェスタンユニオンと提携

リップルラボ(RippleLabs)の公式ツイッターにて、国際送金において世界で大きなシェアを持つウェスタンユニオン(WesternUnion)と業務提携を始めた、と発表している。

リップルラボは世界最先端の送金システムを構築し、金融機関や決済事業者への導入を進めている。

今回のウェスタンユニオンとの業務は、ツイッターによればリアルタイム送金に係るインフラ整備を始めたということのようだ。

0429tw

ウェスタンユニオンは日本国内でもセブン銀行などから送金ができるなど利便性の向上が進んでいるが、Rippleの送金システムを導入することで送金にかかる時間の短縮、手数料の値下げなどが期待できる。

Rippleは既存の金融システムで当たり前とされてきた高額の送金手数料の壁に風穴を開けると当初から謳ってきた。今回の発表も含め、こうした事案が増えることで暗号通貨技術による金融革命の一端が垣間見える。

関連記事

  1. 沖縄のメガソーラーの権利をBTPトークンとして売買

  2. ブロックチェーン上での動画配信システムを目指す新興企業、2000万ドル…

  3. 有名コインにホワイトペーパー「コピペ」疑惑

  4. 米アリゾナ州、ビットコインによる納税を検討

  5. 中国マイニング大手が閉鎖へ

  6. インスタ、ブロガー、広告料を仮想通貨で受領も

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味

ニュース

【あなたは賛成?反対?】ニュースサイトで暗号通貨マイニングを収入源とする試み

ニュース

【超高額!!】不動産物件をBTCで売り出す

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める