ニュース

PayPayの新たなキャンペーン[新規登録で100万円]

記事のポイント

  • スマホ決済PayPay,100万円もらえちゃうキャンペーン」
  • 初めての銀行口座登録で抽選にて50人に100万円
  • 開催期間は2019315日から2019331日まで

国内のスマホ決済サービス[PayPay]を提供するPayPay株式会社は、31512時から331日までに新たなキャンペーン「100万円もらえちゃうキャンペーン」を開催している。

 

PayPayの新たなキャンペーン

同社はこれまでに、購入額の2割を還元する総額100億円のキャンペーンを2度、開催しているが、今回は同社サービスを始めて利用する顧客・銀行口座を登録する顧客向けの大規模なキャンペーンとなっている。キャンペーンは以下のようになっている。

  • PayPayアカウント新規登録 500円相当×10万人
  • 初めての銀行口座登録    10万円相当×1,000
  •              100万円相当×50

また、PayPay新規登録を行った方を対象とした残高500円相当のプレゼントキャンペーンも同時開催されており、今回のキャンペーンでPayPayは大規模に利用者を獲得する狙いである。上記のキャンペーンでは銀行口座を登録せずとも500円相当がプレゼントされるものとなっており、試しに使ってみたい方は気軽に利用できるものとなっている。

 

  • PayPay株式会社 ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の共同出資会社である。同社はスマホ決済サービスPayPayを提供している。PayPayは中国の大手企業アリババ集団の提供する「支付宝(アリペイ)」と連携されている。ヤフーの筆頭株主であるソフトバンクにとってアリババは最も成功した投資案件とされており、提携関係を維持している。

 

キャッシュレス決済

政府は、2014年に税率を5%から8%へ上げたことで国内の消費は大幅に落ち込み、景気に大きな打撃を与えたことも踏まえ、景気への影響をできるだけ抑えながらキャッシュレスを促進させる狙いで、10月に消費税率を8%から10%に上げる際に、買い物などでキャッシュレス決済をした消費者に決済事業者などを通じてポイントを還元する制度を設ける。この制度には、LINEPayPayといった非金融系の決済サービス提供企業も参加する予定であり、このポイント還元制度を前に各社で利用者を確保するためのキャンペーンが開催されている。

  • キャッシュレス決済 クレジットカードやデビットカード・電子マネーやスマホのQRコードなど、現金を利用せずに決済を行う方法。すべての記録が残り、決済業者で確認できるために不正や悪用対策が取りやすくなる。また記録が残ることで分析が行いやすくなり、よりよいサービスの向上、不正に対する適切な対応が取りやすくなるとされている。

 

まとめ

国内での「キャッシュレス決済ポイント還元」や金融庁の「送金業に課す規制緩和検討」、暗号資産を大部分とした資金決済法・金融商品取引法の改正と国内ではフィンテック分野に関する動きが遅まきながら活発化している。

 

関連記事

 


参考:PayPay株式会社[「100万円もらえちゃうキャンペーン」開催中。抽選で50人に100万円相当のPayPayボーナスプレゼント!]

関連記事

  1. マウントゴックス事件、東京地裁で判決

  2. モナ祭りじゃあああ

  3. クリプトゾンビーズの開発者が新たなゲームを開発

  4. 価格変動が激しい法定通貨

  5. ビットコインキャッシュの躍進に期待感高まる

  6. 暗号通貨とクレジットカード

PAGE TOP

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]

ニュース

スマホ決済[PayPay]を悪用[クレジット情報などは厳重に管理を]

ニュース

ホンダとGeneral Motors、共同開発へ[ブロックチェーン活用]