ニュース

投資に関する法規制[金融商品販売法・金融商品取引法]

記事のポイント

  • 投資に関連する法規制
  • 金融商品販売法
  • 金融商品取引法

投資を行う上で、必要となる投資に関する法規制、金融商品取引法についてご紹介します。リスクやリターン、リスクの抑え方同様、投資に関する法規制を理解しておくことは、リスクを抑えるために非常に有効的です。また金商法などは、一般的な専門知識のない投資家を保護するための法律であり、これらを把握していくことは、自身の身を守ることにつながります。

 

投資者保護のルール

金融商品・市場を取り巻く環境はデジタル化とともに大きく変化しつつあります。その変化に対応し、投資者を保護することを目的に様々なルールが設けられています。

  • 金融商品販売法 正式には金融商品の販売等に関する法律といいます。この法律は、業者が顧客に対し金融商品を販売する際、金融商品が持っているリスク等の説明義務を定めた法律となっています。例えば元本割れで損失を被る可能性や価格変動の可能性などのことについての説明になります。業者が説明義務を怠った結果、顧客が損害を被った場合には、業者が損害賠償責任を負う義務があります。また、業者は、顧客に対して金融商品を勧めるにあたっては、勧誘方針を公表することが求められます。金融商品販売法の大きな特徴は、金融商品販売業者等に説明義務を明確にし、これに違反した場合には、元本割れが生じていれば、その損害賠償責任を負わせていることです。顧客に対し都合のいいことだけでなく、公平にリスクについても説明することが求められたものとなっています。
  • 金融商品取引法 金融商品をできるだけ幅広く横断的に規制し、投資家保護のルールを徹底すること、投資家の利便を向上することを目的にしたものとなっています。投資家保護を図るために、業者は金融承認の販売・勧誘を行う際には以下のルールを順守する必要があります。ただ、この法規制は一般的な投資家を保護するものであって、専門的な知識を有しているプロの投資家については一部ルールのみ適応されることとなります。広告における規制/リスクや手数料などを大きな字で表示するなど、表示の明確化・利益の見込み等について著しく事実に相違する表示をすること、および著しく人を誤認させるような表示をすることを禁止/契約時・販売時等における規制/契約締結前、契約締結時等の書面交付義務/虚偽の説明の禁止/取引によって生じた損失の補てん禁止/適合性の原則(顧客の知識、経験、財産の状況および契約を締結する目的に照らして不適当と認められる勧誘を行わない)/不招請勧誘、再勧誘の禁止など

 

まとめ

投資を行う前に、投資とはどういったもので、どのように法規制整備が行われているのかを把握しておくことが重要です。法規制を知らなければ、自分のみを危険に晒すことになります。医師や美容師、自動車運転など様々なものに免許が必要なように、投資勧誘・販売に関しても免許や認可が必要となっています。投資を業者として進められた場合にはきちんと認可を受けている業者なのか確認を行いましょう。友人や知人といった業者ではない方方勧誘を受けた場合は、その商品が金融商品として認可を受けたものか確認を行いましょう。

 

関連記事

 


本記事は資金用途・投資に関する説明を目的としたものであり、投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解したうえで、自己判断・自己責任で行ってください。 

参考:金融庁 

関連記事

  1. ベネズエラ発行の新仮想通貨”ペトロ”既に7億5000万ドル超えの申し込…

  2. 極楽とんぼ加藤「現金主義」

  3. 昨日(8/9)のニュースまとめ

  4. リップル社の新取締役にJPモルガンの元会長

  5. 統一された法規制の必要性[EU]

  6. バンカメ、仮想通貨取引でのクレカ使用禁止へ

PAGE TOP

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場

ニュース

シティグループ、暗号資産関連での求人[大手金融機関とアメリカでの定義見直しの動き…

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表