ニュース

ビットコインはアフリカではまだ指数関数的に成長が見込める

ビットコインは今から約8年前に作られ、そして2013年に、ウエスタンユニオンやマネーグラムなど大手送金業者の高価な送金手数料を伴うサービスに代わる新たな送金手段として、一躍脚光を浴びる存在となった。

 

 

事、アフリカに資金を移すための手段となると方法が限られるため一層の注目を浴びた。しかし、ビットコインはアフリカに本当の意味で定着したとは言い難い。

 

ヨハネスブルグで行われたアフリカブロックチェーンサミットでは、ブロックチェーンの技術が時代の大きな潮目となると感じる人々に焦点をあてられた。

 

言うまでもなくビットコインはブロックチェーンを利用した最初の製品であり、さらに踏み込んだユーザーはその技術をビットコインから切り離す必要があった。

 

その後、多くの組織が新たなブロックチェーンに代わるものを作ろうとしているが、その原理はオリジナルのブロックチェーンとほとんど同じものである。即ち、ビットコインに代わるまったく新しいものはそう簡単には出てこないだろうということだ。

 

ビットコインはアフリカで特に成長するだろうと見込まれている。

 

アフリカでは80%を超える人々が銀行口座を所有していなく、伝統的な金融サービスにアクセスできない。

 

そして、国際送金を行う上で最もコストがかかるのはアフリカ地域においてである。

 

アフリカの人々が、中央集権的な従来の金融機関の脆弱性を理解した時にビットコインはますますの成長を望むことができる。

 

一方で、ブロックチェーン技術は1億ドル以上のコストを費やして新たな道を探ってはいるが、結局のところ、明確なユースケースとして確立しているのは、分散型台帳に信頼を担保された仮想通貨としての役割のみである。

 

ビットコインによりブロックチェーン技術に注目が集まってはいるが、その有効な使い道となると金融の壁を越えていくのは当分難しいだろう。

関連記事

  1. シンガポールは国を挙げて仮想通貨の研究

  2. ポルノハブでも暗号通貨決済導入

  3. ハッキングされたハードウォレットの脆弱性を指摘

  4. ウクライナの情報サイトが家宅捜索か

  5. 中国大手の決済サービス会社がリップルネットに参加

  6. 薬局で暗号通貨決済導入

PAGE TOP

ニュース

VALU、トークン購入者保護へ

ニュース

イラン、違法マイニング取り締まり強化へ

ニュース

昨日(11/14)のニュースまとめ

ニュース

博報堂、新たなプラットフォーム[GiverCoin]を共同開発

ニュース

リミックスポイント、訴訟に関するお知らせ[BPJ台湾]

ニュース

Google、当座預金サービス提供へ[金融情報取得に動くGAFA]

ニュース

三井住友銀行、GMOの銀行Pay導入へ[キャッシュレス]

ニュース

Binance、世界180種の法定通貨に対応計画