ニュース

ロシア連邦中央銀行が分散型台帳技術の取引実験に成功

かねてよりブロックチェーンに興味を示してきたロシア連邦中央銀行がついに分散型台帳技術を使った取引実験に成功したと発表した。

 

 

ロシア連邦中央銀行(ロシア中銀)は、「金融通信の技術的試金石」だとする、「マスターチェーン」と名付けられたシステムにより、データの素早い認証を担保しつつ、組織間で金融情報を受け渡す方法を提供できるとした。

 

ロシア中銀の副総裁であるスコロボガトバ氏によれば、この試作品(マスターチェーン)はロシアの曖昧なフィンテックを取り巻く環境から開発された「次世代金融インフラ」の一部分として利用していくものだということだ。

 

ロシア中銀職員の話でも、マスターチェーンは、分散型台帳技術を用いたサービスの提供や商品の開発の基礎として位置付けになり得るとのことで

 

ロシアの金融システムに関しても、マスターチェーンが単に純度の高いデータ交換の手段としてのみならず、仮想通貨などの応用分野における未来を担うことを期待されている。

 

更に、ストロボガトバ氏の話では、マスターチェーンがロシア中銀が設立したフィンテック開発部との合同で運用されていく事が示された。

 

ロシアは長らくビットコインの取引を禁止してきたが、ブロックチェーン技術には大きな期待を寄せていた。

 

分散型台帳のシステムがテストされることは、水面下で研究開発が既に進んでいたことを示す出来事ではないかと思う。

関連記事

  1. PayPay不正利用、今後の対策[現金が安全とは限らない]

  2. GMOインターネット、仮想通貨マイニング事業の月次報告書を公開

  3. マイニングで課金アイテムゲット

  4. McAfee氏、暗号通貨プラットフォーム解説[ボートでの逃亡生活継続]…

  5. 昨日(10/24)のニュースまとめ

  6. 第7回の研究会、取引規制が焦点

PAGE TOP

ニュース

メルカリ、Origamiを孫会社化[スマホ決済、再編進む]

ニュース

麻生大臣、「信頼性」に関する慎重な検討が必要[CBDC]

ニュース

昨日(1/24)のニュースまとめ

ニュース

CROSS exchange運営会社へ警告[金融庁の警告と効力]

ニュース

金融庁、違法な金融業者に関する情報更新[登録業者か確認を]

ニュース

ルーマニア、暗号通貨税制改正

ニュース

デジタル化に合わせた法整備[政治家への個人献金も]

ニュース

自民、デジタル通貨に関する提言[日銀のCBDC共同研究参加]