ニュース

[初心者向け]ブロックチェーン技術と分散型台帳技術

記事のポイント

  • 分散型台帳技術とは
  • ブロックチェーン技術とは
  • ブロックチェーン技術の活用

ブロックチェーン技術と分散型台帳技術(DLT)は全く同じ技術をさしているわけではない。簡単に言うと、ブロックチェーン技術はDLTの一種だ。同じものとして説明される場合もあるが、違いはあるので注意しておきたい。

 

分散型台帳技術とブロックチェーン技術の違い
  • 分散型台帳技術(DLT)とは、データを複数のサーバーで保管する技術のことだ。特定の管理者をおかずに、参加者が同じ台帳を共有しながら管理を行う。
  • ブロックチェーン技術とは、データを一塊にまとめ、その塊(ブロック)をつなげていく技術のことだ。そしてこのデータは複数の参加者によって保管される。

この二つの技術に関して簡潔に説明すると、上記のようなものとなる。ブロックチェーン技術は確かにDLTであり、特定の管理者ではなく、複数の参加者によって管理されるが、DLTではそのみんなで管理しているデータをブロックチェーン技術のようにブロックにしてまとめ、そのブロックをつなげていく作業をするわけではないのだ。つまりブロックチェーン技術は分散型台帳技術(DLT)の一種だといえる。またこれらの技術はサトシ・ナカモトのビットコイン論文によって提唱されたものである。

どちらの技術でも「特定の管理者を必要としない」ことが特徴として存在しており、「信頼できる第三者」ではなく「システム」によってしん信頼性を構築するものとなっている。

 

ブロックチェーン技術の活用

ブロックチェーン技術とは取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。すべての記録をつなげていくため、すでに記録された履歴を後から消したり、書き直したりすると、それまでの一本につながっていた情報の整合性が取れなくなる。そのため改ざんを行う際にはその改ざん地点から最新の情報まですべてを改ざんする必要があり、それは理論上不可能であることから、銀行業務やシステムに大きな変革をもたらす可能性があると注目されている。

このブロックチェーン技術は取引の透明性や信頼性が求められる金融業界のほか、情報が安全に管理されながら共有が容易になることが求められる医療業界や不正や改ざんが問題視される政府統計や公文書といった行政分野と幅広い分野での活躍が期待されている。

 

関連記事

関連記事

  1. コインベース、機関投資家向け商品を開発

  2. LINE、QRコード決済だけでなく税金払いや投資も

  3. ICOからSTOへの移行[Nasdaqの動き]

  4. クレジットカードを利用しての暗号通貨購入禁止

  5. 韓国でも広がる仮想通貨投資

  6. リップル、新たにブロックチェーン技術に2.2億円出資

PAGE TOP

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場

ニュース

シティグループ、暗号資産関連での求人[大手金融機関とアメリカでの定義見直しの動き…

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表