ニュース

VALU,24時間限定の動画配信機能リリース[トークン長期保有のメリット創造]

記事のポイント

  • VALU,24時間限定の動画配信機能リリース
  • トークンを長期保有するメリットの創出
  • チップで支援しやすく

311日、株式会社VALUが運営するSNSサービス[VALU]で、新たに24時間限定の動画配信機能[VALU Stories]をモバイルアプリ向けにリリースしたことを発表した。

 

トークン長期保有のメリット

新たに実装された[VALU Stories]では、保有するトークンの数に応じて、再生可能な動画・再生回数が決定する仕組みとなっているため、トークンをできるだけ多く保有することで受けられるサービスの幅が広がり、トークンの長期保有メリットにつながるとされている。また、動画配信サービスを提供している多くのサービスと同様、VALU Storiesでは投げ銭を行うことも可能であり、長期保有でより多くのサービスを受けながら、投げ銭でより多くの支援を行えるようになっている。

これまでVALU では、支援したい人のトークンを購入し、支援を行うはいいものの、そのトークンの長期保有に関しては、目立つメリットは存在しなかった。今回、長期保有で、動画の再生回数や再生可能動画が決定する仕組みになったことで、支援者はより支援しやすく、支援を受けるものはより受けやすいものとなった。

  • 株式会社VALU 2016125日に設立。暗号通貨を利用した事業・サービスの企画・立案・制作のほか暗号通貨の購入代理などの事業を手掛ける。

 

VALU のサービス

ブロックチェーン技術を活用することで、個人の価値をシェア・トレード可能にし、なりたいものや、やりたいことがある個人が継続的な支援を募ることができるSNS20187月には、個人投資家である千葉功太郎氏を引受先とするJ-KISS型新株予約権方式による4500万円の追加資金調達を実施。資金調達の多様化・資金調達がだれでも自由に行えるプラットフォームとして注目を集めている。

自分のトークン[VA]を発行し、好きな価格で取引が可能となっている。利用者のしたいことや目的に必要な資金を集めるほか、[VA]を購入してくれたものに対して優待を付け、付加価値を更けていくことも可能。自分自身の価値を自身で考え、周りに支援してもらいながら想像していくサービスとなっている。

  • VALU このVALU は株式を含む有価証券、前払式支払手段、法定通貨または暗号通貨のいずれにも該当しない。そのため、同社の規約に基づいた同サービスにおいて利用する以外、一切利用できないものとなっている。さらに発行するVALUは、連携したSNSのフォロワー数等によって価値が決まるものの、発行後は、時価で取引される。したがって、発行者の人気が高まれば、自分が購入して保有しているVALUが値上がりする可能性もある一方で、逆に値下がりすることもあり、価格変動に伴うリスクも存在する。さらに、発行者の人気だけではなく、発行者が同サービスから退会・利用制限の対象となった場合には、その発行者のVALUの価値は完全になくなる可能性も存在している。

 

関連記事

 


参考:株式会社VALU[24時間限定の動画配信機能 “VALU Stories”をリリース。]

関連記事

  1. タイの中央銀行は仮想通貨を取り扱わないように注意喚起

  2. マイクロソフト創設者ビルゲイツ氏、BTCはリスキー

  3. アリペイ等海外事業者は対象外[増税対策ポイント還元]

  4. シンガポールにてブロックチェーン会議が開催予定

  5. BTCアドレス特定し経済制裁へ[アメリカ・日本]

  6. アメリカ規制当局「暗号通貨は危険だ」

PAGE TOP

ニュース

取引所TaoTao、サービス提供間近[事前登録受付開始、キャンペーンも]

ニュース

金融庁、つみたてNISAのミートアップ開催[資産形成への関心]

ニュース

WesternUnionとThunesの提携[BWW/INN/SWIFT/Rip…

ニュース

取引所Binance、第3弾となるICOトークン[CELR]上場

ニュース

シティグループ、暗号資産関連での求人[大手金融機関とアメリカでの定義見直しの動き…

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表