ニュース

世界最大級のSNS投資プラットフォームeToro、アメリカで暗号通貨サービス開始

記事のポイント

  • eToro、暗号通貨取引・ウォレットサービスの提供開始
  • アメリカでのサービス開始
  • 13種もの暗号通貨取引可能に

37日、イスラエルに拠点を構える世界最大級のSNS投資プラットフォームeToroが、アメリカ向けに暗号通貨13種の取引サービスとウォレットサービスの提供を開始した。eToroはアメリカで財務省金融犯罪取り締まりネットワークと送金業に関する認可を取得しており、今後も法規制に準拠しつつサービスの強化を行っていくとしている。

 

eToro、暗号通貨取引開始

eToroはすでにイギリス・欧州・オーストラリアといった世界140ヵ国で暗号通貨含む1500種もの資産取引サービスを提供している。今回は今まで暗号通貨取引サービスが提供されていなかったアメリカで新たにサービスの提供が開始された。ただ、同国の巣で手の州で利用ができるわけではなく50州あるうちの30州で利用できるものとなっている。eToroは今回以下13種の暗号通貨を取り扱うことを発表したが、今後さらに暗号通貨の追加をしていきたいとしている。

  1. ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  2. イーサリアム(Ethereum/ETH)
  3. リップル(Ripple/XRP)
  4. ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
  5. ダッシュ(Dash/DASH)
  6. ライトコイン(Litecoin/LTC)
  7. イーサリアムクラシック(EthereumClasic/ETC)
  8. カルダノ(Cardano/ADA)
  9. アイオタ(IOTA)
  10. ステラ(Stella/XLM)
  11. イオス(EOS)
  12. ネオ(NEO)
  13. ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)

 

まとめ

eToroはアメリカで財務省金融犯罪取り締まりネットワークと送金業に関する認可を取得しており、今後も法規制に準拠しつつサービスの強化を行っていくとしている。

 

関連記事

 

関連記事

  1. ビットコイン販売で起訴される?

  2. 米仮想通貨取引所大手コインベース、仮想通貨のインデックス・ファンド導入…

  3. 暗号通貨の換金代行で2億円もの所得隠し

  4. 日本、キャッシュレス決済比率は約2割

  5. ジュピタープロジェクト、提訴

  6. FSB、暗号通貨市場監視枠組み発表

PAGE TOP

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]

ニュース

インド中銀の金融機関に対する制限と一般的な暗号通貨利用

ニュース

電通、ブロックチェーン技術活用に関する共同研究[n次創作]

ニュース

ドル円の考察 ~雰囲気トレーダー代表~

ニュース

暗号通貨、7800万円詐取[元社員による運営資金不正送金]

ニュース

アメリカ連邦準備理事会、デジタル通貨研究へ

ニュース

6つの中央銀行とBIS、CBDCに関する共同研究

ニュース

昨日(1/21)のニュースまとめ