ニュース

暗号通貨投資家、1時間にわたる拷問[暗号通貨が狙いか]

記事のポイント

  • 暗号通貨投資家、自宅襲撃事件
  • 暗号通貨を狙った犯行か

210日、暗号通貨投資家が警察を装った強盗集団に襲われる事件が起きた。現地メディアが同月23日に報じた。取引所創業者やコイン開発者・暗号通貨投資家を狙った事件は数多く存在し、国内外で起きているため「暗号通貨を保有している」という情報を誰かに教える際には慎重深くなる必要がある。

 

1時間にわたる拷問

事件はオランダで起きた。景観を装った3人組は警察コートと防弾チョッキを身に着け、暗号通貨投資家である男性の自宅を襲撃し、1時間にわたり男性にドリルを利用した拷問を行った。どんな目的でこの行動に出たのか明らかになっていないが、警察を身に着け、命を奪うのではなく1時間にもわたる拷問を行ったことから、被害男性から何らかの情報を聞き出そうとしていたとされている。また男性が暗号通貨投資家であることから暗号通貨を狙った犯行ではないかという見方も存在している。

 

暗号通貨投資家を狙う事件

2017年の価格急騰。数多くの億り人を誕生させたことから注目を集めた暗号通貨は、命を狙われるほどの価値のあるものとなっている。こうした事件は何も国外に限った話ではなく、日本国内でも起きている。

2017年、名古屋市で暗号通貨を保有している女性が殺害され、その方のビットコインをだまし取った事件や2018年に暗号通貨投資でトラブルが起きたとみられる男性が殺害され遺体を山中に遺棄された事件などが存在している。また、取引所コインチェックの和田社長もボディーガードをつけて生活していたことが話題となっていた。

暗号通貨開発者や取引所社長を誘拐し巨額の暗号通貨を要求するもの、取引所への拳銃強盗・暗号通貨投資家の変死と暗号通貨を巡る事件は多く存在している。自身の身を守るため、暗号通貨投資を行っている方はむやみやたらに投資を行っていることを話さない方がいいだろう。

 

関連記事

 


参考:[Gruwelijke marteloverval met boor bij bitcoinhandelaar]

関連記事

  1. 英国首相、仮想通貨を薬物ブローカーの資金洗浄に使われ規制強化へ

  2. スペイン大手銀行がリップルを使ったモバイル決済アプリをリリース!

  3. ロシア初のブロックチェーンアワード開催

  4. IMF、G20で仮想通貨規制を推し進める

  5. CFTC委員長、仮想通貨の熱烈な支持者ではないと確認、批判に対処

  6. 昨日(4/4)のニュースまとめ

PAGE TOP

ニュース

昨日(11/12)のニュースまとめ

ニュース

XLM、予定通り上場[JVCEAの新規取り扱い銘柄に追加]

ニュース

SBIと福島銀提携[金融機関の再編]

ニュース

シンガポール、国際送金効率化へ[MASとJPモルガン]

ニュース

テンセント、香港でVirtual bank設立へ[中国]

ニュース

昨日(11/11)のニュースまとめ

ニュース

東京大学でRipple講演[国際送金の課題]

ニュース

バーゼル銀行監督委員会による会合[暗号資産への見解]