ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[MercuryFXとの対談]

記事のポイント

  • 欧州における「Just-in-timejの重要性
  • 動画ではxRapidについての今後の展望

世界的なブロックチェーン企業であるRipple社は、220日欧州での「ジャスト・イン・タイム」の重要性について語り、同月21日には既にxRapidを導入しているMercuryFXCEOとの対談動画を公開した。

 

Just-in-time」の重要性

世界的なブロックチェーン企業であるRipple社は、220日、欧州での「ジャスト・イン・タイム」の重要性について、同社公式ブログの中で語った。

Just-in-time(ジャスト・イン・タイム/以下:JT生産方式)とは、顧客にとって「必要なものを、必要なだけ、必要な時に作る」という生産方式であり、世界中の製造業者・小売業者などが採用しているものである。JT生産方式は製造期間の圧縮や在庫削減の友好的な手段として名高く「流れ生産・小スロット化・生産の平準化・運搬サイクル短縮」などで構成され「作り過ぎの無駄」を排除することに特色があるとされている。このJT生産方式は上記の特色から効率性向上に大きく貢献する。

Ripple社はこの方式が、国境の摩擦が存在しない欧州(EU)においては、特に重要であるとした。各国ではなく、欧州という地域で事業が展開されていることから、JT生産方式を取ることは企業がよりよいサービスを提供するには必要不可欠なものであり、このJT生産方式を企業が採用するには、同じく決済においてもJT生産方式を取る必要があり、そうした中でRipple社の決済ソリューションは最適である、と述べた。

 

MercuryFXRipple社の対談動画

Ripple社の送金ソリューションxRapidを導入し、暗号通貨リップル(Ripple/XRP)で、イギリス・メキシコ間の送金を行っているMercuryFXCEOAlastair Constance氏とRipple社のMarcus Treacher氏の対談が220日、YouTubeで公開された。

この動画の中では、MercuryFXxRapidを導入しての利便性、現在送金インフラとして普及しているSWIFTと比較しての利点などのほか、xRapidがもたらす「送金の自由」について語られている。

またMercuryFXは「Ripple社にサポートしてもらいながら、日本へ進出したい」という意欲を語りながら、今年中には中東などの新たな地域に進出し10ヵ国へサービス提供を行えるのではないあだろうか、という見通しを語った。

 

Ripple社と日本

動画の中で「Ripple社にサポートしてもらいながら、日本へ進出したい」としたMercuryFX。実際に、Ripple社は日本のSBIホールディングスと共同で2016年に、SBI Ripple Asia株式会社を設立している。同社は日本含めたアジア地域での、ブロックチェーン技術を活用した決済基盤の提供を主たる目的とした企業となっている。またRipple社と近い関係にあるR3社もSBIホールディングスと共同で、SBI R3 Japan株式会社を2019129日に設立している。

 

まとめ

Ripple社・R3社・SBIと様々な企業がXRPを中心としたエコシステムに積極的な動きを見せている。またMercuryFXが日本への進出意欲を見せたが、国内でも「銀行以外の事業者にも一度に100万円を超す送金を認める」「送金業務特化の新たな区分を設置する」という金融庁の動きもあり、送金に関する動きが活発になってきている。

 

関連記事

 


参考:Ripple[Why Europe Needs Just-in-Time Payments to Boost Innovation]

関連記事

  1. 「EOSは開発者に何の利益ももたらさない」EOSへの批判が集まる

  2. 0.1ETHの送金に2,100ETHもの手数料[コミュニティのためか資…

  3. BofA,Ripple社技術引用[RippleNet・xCurrent…

  4. NASAもブロックチェーン技術を導入?!

  5. おかえり!金塊ハンター

  6. ペトロ購入で原油3割引き

PAGE TOP

ニュース

Arkcashの上場/サイトにアクセスできない[コインの森何でも相談室]

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]

ニュース

シンクロライフ、暗号通貨でeギフト購入可能に

ニュース

IOSCO、暗号資産に関する報告書発表[証券市場との共通論点]

ニュース

三菱UFJ銀行とGrab、資本業務提携へ[デジタル金融]

ニュース

昨日(2/18)のニュースまとめ

コラム

ポンド円でパターントレードを理解 “仏のR特別講義”

ニュース

デジタル通貨に関する共同検証[KDDIのスマートマネー構想]