ニュース

Robocoin社、世界最安の送金サービス開始

ビットコインのATM事業を展開してきたロボコインは、「世界最速、最安値の国際送金サービス」としてRomitを開始した、と発表した。

ロボコイン社は北米、ヨーロッパをはじめ、オセアニアや香港、シンガポール、日本などでビットコインATMを展開している。

今回リリースしたRomitは、$20の送金にかかる手数料が$0.80となっており、従来国際送金にかかっていた各種手数料と比較すると格安となっている。これはビットコインのBlockchain技術を利用したことで可能となったようだ。

送金は携帯電話のSMSを介して行われる。送金をする人はロボコインATMなどで受信者の携帯電話番号と国名を入力し入金を済ませれば手続きが完了する。受信者にはSMSでメッセージが届くので指定された場所で現金を受け取る仕組みだ。

ウェスタンユニオンなど、従来の国際送金サービスと比較すると$200までの小額送金の場合にもっとも優位性があるとロボコイン社は考えている。

たとえば最小金額の$20をアメリカからフィリピンに送った場合(アメリカではフィリピン人の出稼ぎも多い)、Romitでは前述のとおり手数料は$0.80となり比率は4%である。これをウエスタンユニオンで行うと手数料は$5.66となり料率は約28%となってしまう。

今後インターネットベースのキオスクや、各種売店などでRomitのサービス導入が期待され、これによって国際送金に大きな変革が起こる可能性がある。

関連記事

  1. ECB副総裁がビットコインに再び警告

  2. ネオヒルズ族のICOに要人が参加?

  3. 仮想通貨所有者の2割がクレジットカードで購入

  4. bitFlyerヨーロッパでも交換業開始

  5. 仮想通貨の取引量、一日に7億ドルを突破。

  6. EUで暗号通貨の犯罪に罰金を検討

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める

ニュース

テレグラムのICOは既に900億円調達済

ニュース

スイスはICOのガイドライン発表

ニュース

コインベースが大規模決済サービスへ

ニュース

ビットコイン470億円分購入者が現れる?

ニュース

スペインで「ブロックチェーン企業への特別減税法」検討か

ニュース

ビットコインを使ったゲーム、勝者には「1BTC」プレゼント

ニュース

【XRPトークンも!!】ウェスタンユニオンがリップルの技術をテスト