ニュース

ブロックチェーンハブ「COSMOS」が発表される

ご存じブロックチェーンは、ビットコインの普及とともに一躍注目を集めているテクノロジーだが、ついに別々のブロックチェーンを結びつける機能を持つブロックチェーンハブが発表された。

 

上海で先月の19日から24日にかけて行われた、ブロックチェーンウィーク2016のデモディにおいて、Tendermint CEO、ジェクォン氏が新たなアプリケーション「COSMOS」を発表した。

 

ブロックチェーンアプリのコスモスは、大きく分けて、「Hub」と「Zone」の2つの役割があり、それぞれ別のブロックチェーンシステムを持っている。

 

「Hub」とはもともと、自転車の車輪の中心部に位置する金属部品を指し、そこから金属の柱(スポーク)がホイールを支えるように放射状に伸びている。転じて、スポークを航空路にたとえ、多くの国際路線を持つ空港をハブ空港などと呼ぶことがある。

 

すなわちブロックチェーンハブとは世界に散らばるブロックチェーンを「Hub」によってひとつにつなぎ合わせる技術のことである。

 

「Hub」は主に他のブロックチェーンからデータを収集するのが目的である。いろいろなデータ、トークンが集まってくるまさにハブだ。

 

そして、「Zone」はハブに集まった情報をIBC Packetに変換し、ほかのブロックチェーンに送信可能な形に加工する。

 

この両輪でCosmosは、様々なブロックチェーン間でデータやトークンをやりとりすることができるのである。

 

ブロックチェーンは一本の鎖のように、強固である。改ざんされる可能性の低いシステムである。

 

そのストロングポイントをいかに保ちながら、ハブを実用化していくかというところが、Tendermintの今後の課題といえるかもしれない。

 

 

 

関連記事

  1. シンガポール政府と銀行がブロックチェーンをテスト

  2. 富士通研究所が取引性能を高速化させる技術を開発

  3. ビットコインゴールド付与後の対応

  4. シンガポール、金融当局がFinTech分野の研究に巨額の出資を決定

  5. 欧州銀行監督局、仮想通貨専用のマネー管理規制が必要と提案

  6. 日本で仮想通貨被害が急増

最近の記事

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP