ニュース

イングランド銀行の見据える今後

世界に数ある国々の中で、政府を挙げて仮想通貨テクノロジーの研究を進め優位に立とうというところはいくつかある。

その中でもイングランドは、中央銀行が積極的に研究をつづけており、政府の政策の一環として、ブロックチェーン技術の基礎研究グループも結成されている。

 

 

イングランド銀行の営業部門局長であるクレランド氏は、「分散型台帳の技術はまだ発展途上であるから、様々な問題の対応を考えている段階だ、しかしその技術の波は、業務のほとんどが電子化されている我々の世界にいちはやく訪れ、影響を与えるだろう」とコメントしている。

 

イングランド銀行総裁のカーニー氏も、今年6月の段階で、分散型台帳技術の有用性について、台帳のバックアップを作る技術が確立することによって、業務が停止に陥るリスクを排除でき、中央集権型システムの弱点を減らすことができる。という発言をしていた。

 

またクレランド氏によれば、中央銀行の業務の効率化にブロックチェーン関連技術が役立つため、リアルタイム決済へ向けたブロックチェーン技術適用の研究は依然としてつづいており、「今後フィンテック加速計画を通して更なる可能性を模索していく」とのことだ。

 

また、6月の時点では、カーニー氏が技術的に時期尚早である、とした公的仮想通貨の発行計画についても、分散型台帳技術をベースとした仮想通貨のコンセプトに関する研究などを行っているようで、実用性の是非は別として、公的仮想通貨の研究も行われているようだ。

 

イングランド銀行の今後としては、決済の部分でいち早くブロックチェーンの恩恵を受けつつ、あわよくば公的な仮想通貨も実現していきたいといったところだろう。

 

関連記事

  1. 中国マイニング大手が閉鎖へ

  2. 仮想通貨取引所、上位10社は日額3億円以上を稼ぐ

  3. ウィーペイCEO、仮想通貨での支払いの需要を感じない

  4. インドネシア、ビットコイン禁止か

  5. ブロックチェーンとAIで医療ミスが解決される

  6. 「WannaCry」の首謀者が奪った身代金遂に引き出された

会計事務所紹介センター

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

取引所に続きNewfoundもマルタへ

ニュース

ETHを証券として扱う検討に反発

ニュース

豚の貯金箱ではなくスマート貯金箱

ニュース

タイ、暗号通貨課税の再検討を求める声

ニュース

クリプトジャッキングがサイバー犯罪として有力に

ニュース

IBMら大手銀行参加計画で試験取引実施

ニュース

マイニング需要は今後も続くか、半導体大手TSMCの判断

ニュース

暗号通貨取引所のCEOが市長選挙へ立候補