ニュース

GMOコイン、今後の目標として国内シェア拡大[海外展開も検討]

記事のポイント

  • GMOFX・証券・暗号通貨事業で過去最高業績更新
  • GMOフィナンシャルホールディングスの決算説明会
  • 口座開設数は順調に拡大
  • 国内シェアの拡大・海外展開も検討

25日、GMOフィナンシャルホールディングスは201812月期の決算説明会を開催した。発表の中で同グループが運営している取引所GMOコインは、今後サービスの利便性・手数料などの価格面で国内競争力の向上に注力し、国内シェアを拡大させつつ、収益基盤をより強固なものへしていくために海外展開を検討していることも明らかにした。

 

GMOフィナンシャルホールディングス

25日、GMOフィナンシャルホールディングスは201812月期の決算説明会を開催した。この発表によると外国為替証拠金取引(FX)・証券・仮想通貨の事業において、収益・各利益とも過去最高業績を更新した。特に仮想通貨事業において営業収益は20171-12月の8.7億円から、20181-12月の40.3憶円。営業利益では4.8憶円から7.2億円と大幅に利益・収益の増加がみられた。

仮想通貨交換事業においては、2018年の一貫した市場の価格下落・価格変動率の低下から売買代金そのものは減少傾向で推移しているものの、口座数は伸長した。また販売所だけでなく、取引所サービスを開始、取引所サービスにてあるとコインの追加、即時入金サービス提供など、各種サービスの追加・見直しを行ったことで利便性向上。安定的に口座数や預かり資産の数量は増加傾向にある。同社は今後の展望として、既存事業のさらなる収益基盤強化、202112月期の営業利益目標として、2018年の118.1億円を大きく上回る200億円を掲げている。

海外の暗号通貨取引が活発的になったとはいえ、今もなおビットコイン(Bitcoin/BTC)の取引では日本円がおよそ半分を占めるほど、国内の暗号通貨取引は活発である。GMOコインは、サービスの利便性・手数料などの価格面で国内競争力の向上に注力し、国内シェアを拡大させていき、暗号通貨による収益基盤を強固なものにしていく考えを明らかにした。また、近年海外でも取引は活発になっていることから、海外へ取引サービスを展開する検討も行っていることを明らかにした。

 

GMO、国内シェア拡大へ

暗号通貨市場の価格が低迷している一方で、取引高は減少しておらず、国内外でも暗号通貨に関する法規制整備が進められているため、これからが期待される暗号通貨業界。2021年の営業利益目標として200億円を掲げているGMOフィナンシャルホールディングスが、国内シェアの拡大を今後どのように進めていくのか関心が集まる。国内取引所では取り扱いコインが限られているために、セキュリティ・サービスと暗号通貨の取り扱い以外で特色を見せている。大手取引所コインチェックが交換業者として認定され、正式に復活を果たし、他の交換業者もセキュリティやキャンペーンで注目を集めている中、GMOコインはどのようにシェアを拡大していくのだろうか。

 

関連記事

 


関連記事

  1. 世界最大のATM運営業者は業界躍進に危機感

  2. 大和証券、ミャンマーでのブロックチェーン技術の促進へ

  3. インド中銀の禁止令は違憲と判断

  4. CoinMarketCapから韓国市場消える

  5. 中国格付け、EOSがETH抜いて1位

  6. 保険証明書にブロックチェーン技術導入

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ