ニュース

BinanceCEO,Ripple社との将来的なパートナーシップへの意向

記事のポイント

  • BinanceCEO,xRapidについて発言
  • 「将来的にRipple社と協力していきたい」

暗号通貨取引所BinanceCEOは、暗号通貨リップル(Ripple/XRP)を利用した国際送金ソリューションなどを提供するRipple社を「将来的にパートナーに加えたいと思っている」と発言した。同取引所では201812月にXRPの基軸市場を設立しているほか、世界的にサービスを提供している取引所であることからxRapid導入への期待と関心が集まっている。

 

BinancexRapidに前向きな考え

世界的な暗号通貨取引所であるBinance(バイナンス)CEOは、27日のBinance公式Twitterのライブ配信に初めて登場した。このライブ配信では同取引所が取り組んでいる分散型取引所や独自のブロックチェーンのほか、同取引所の機能などについての話が行われた。質問の「xRapidを導入する可能性はあるか」にたいしてCEOは「現時点では何も始まっていないが、将来的には確実にRipple社とパートナーシップを結んでいきたいと思っている」と回答し、国際送金ソリューションxRapidに対して前向きな考えを示した。

  • xRapid Ripple社の提供する国際送金ソリューションの1つ。銀行が取引所などを利用してXRPで送金し、その後法定通貨と変換するものであり、実際に資金の移動を行う技術。現在の送金では、ただ資金を移動させるだけでなく、外貨と交換するために外貨を準備・管理する必要があり、そのコストから対応できる銀行は限られており、非常に手間のかかるものになっている。xRapidではXRPで相手に送金し、相手がその通貨に変換すれば完了と非常に手間のかからない効率的なものであると同時に、外貨を準備・管理しておく必要もなくなりコストを大幅に削減できるものになっている。また暗号通貨で送金するため瞬時に送金が完了し、コストも抑えられるものとなっている。

 

Binanceの取り組み

今回Binanceが行ったライブ配信では、同取引所が取り組んでいるBinanceChainや分散型取引所BinanceDexについての質問が多く行われた。このほかにもクレジットカード・デビットカードでの暗号通貨購入に対応したり、取り扱い法定通貨を増やしたり、と世界中で自由に暗号通貨取引が行えるように必要な環境づくりを進めている。

20189月に開催されたCoindesk主催のカンファレンスの中で、全大陸での法定通貨建ての取引所設立を目標にしていると語り、2019年中に法定通貨と暗号通貨の取引所を各大陸に2つずつ設置したいと発言していた。そのように世界的に自由で快適な暗号通貨取引サービスを提供しようと動いているBinanceにとってxRapidの導入は、それを助けるものになるのではないかと考えられ、今回の発言からも期待が高まっている。ただ、「現時点では何も始まっていない」と発言したことも忘れてはいけないだろう。

 

まとめ

xRapidは国際送金企業MercuryFXの、イギリス・メキシコ間の送金で、約1.2万円と31時間の節約に貢献したことが明らかになっており、世界的にサービスを展開するBinanceにおいても、このxRapidの導入は同取引所のサービス・利便性の向上につながるとみられる。銀行や送金業者、取引業者と幅広くRippleNetに加盟し、xRapidを導入することで、これまでの「送金」という概念が大きく変化することが期待されている。同取引所では201812月にXRPの基軸市場を設立しており、そうした状態からもxRapidの導入は全くありえないものではないと期待が高まっている。

 

関連記事

参考:Binance Twitter[https://t.co/1XzeaJYm1O]

関連記事

  1. 韓国取引所インドネシアへ進出

  2. ビットコインはアフリカではまだ指数関数的に成長が見込める

  3. NBAチームでも?!マイニングで慈善活動

  4. XRP、7月の上場取引所まとめ

  5. 注目を集める暗号通貨関連企業

  6. 中国企業、中国政府の規制を切り抜け成長

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供