ニュース

暗号技術が支配する世界のdAppsゲーム!!

記事のポイント

  • フランジア、ブロックチェーンゲーム開発
  • 事前登録は25日より開始
  • dApps系アプリや独自通貨の普及

株式会社フランジアはブロックチェーンゲーム「Cipher Cascade(サイファーカスケード)」の事前登録を開始したことを発表した。暗号技術が支配する都市でサバイバルしていくゲームとなっており、暗号通貨やブロックチェーン技術に関心のある方にはぴったりのゲームとなっている。

暗号技術が支配する世界のdAppsゲーム

25日、ソフト開発などを手掛ける情報技術(IT)企業の株式会社フランジアは、ブロックチェーンゲーム「Cipher Cascade(サイファーカスケード)」の事前登録を開始したことともに、2月下旬にゲーム配信を開始することを発表した。

Cipher Cascadeはイーサリアム(Ethereum/ETH)のブロックチェーンを活用したdAppsゲームとなっている。同ゲームでは、メインチェーンと連動するサイドチェーンを構築し、取引処理速度を高速化させることで、イーサリアムを活用しながらストレスなくゲームを楽しめるようになっているという。また、サイドチェーン上でトークンを扱うことで、ゲームプレイやトークンアセット購入に必要なネットワーク手数料が発生しないという、利用者に優しい仕様となっている。

同ゲームはベータ版の配信を2月下旬に予定するとともに、すでに事前登録の受付が開始されている。

  • dApps  Decentralized Applicationsの略称であり、分散型アプリケーションを意味する。従来のアプリケーションとは異なり、オープンソースで、中央管理者が存在せずに、コードで動くものとなっている。このdAppsには流通可能なトークン(コイン)がアプリケーション上で利用され、それが参加者に報酬として支払われることや利用者の要望・要求に応じ仕様変更が行われることなどが定義として存在している。中央管理者が存在せず自立して稼働するため、利用者すべてに平等なシステムが構築できると期待されている。

 

Cipher Cascade

ゲームではプレイヤーが、架空の都市の住人「$in $ekai」となって、独自の経済圏で”サバイバル”していくものとなっている。この都市は暗号技術が支配する欲望と希望が入り混じった世界観となっており、独自通貨「Cipher Cascade Coin」で様々な取引・行動が行えるようになっている。

(画像:プレリリースより)

今回のβ版リリースでは、プレイヤー同士が対戦できるミニゲームが実装され、ゲームに勝利することでコインを稼ぐことができるようになっている。他のプレイヤーとの協力プレイのほか、ミニゲームなども追加されていくようだ。

 

まとめ

LINEの提供するdAppsアプリやALISのようなメディアプラットフォームとして機能するdAppsアプリ、今回の株式会社フランジアの提供するdAppsゲームなど、暗号通貨・ブロックチェーン技術を活用したものが、誕生しつつある。世界的に幅広く活躍するビットコイン(Bitcoin/BTC)とはまた異なり、独自の経済圏の中で通用するコミュニティが形成される動きが強まっている。今回紹介したCipher Cascadeはまだ開発段階ではあるが、事前登録は開始されているので、興味がある方は登録してみてはいかがだろうか。

 

関連記事

 


参考:株式会社フランジア[フランジア、ブロックチェーンゲーム「Cipher Cascade」事前登録開始のお知らせ ]

関連記事

  1. Ripple社の技術を採用した送金アプリ[邦銀61行が参加]

  2. コインチェックから流出したNEM、アメリカの大手取引所へ

  3. Binance、技術学習サービス提供

  4. テレグラムへのサービス停止命令

  5. 銀行法解釈で見る今後の銀行・取引所の未来

  6. 関電だけでなく東電でも、ブロックチェーンへの取り組み

PAGE TOP

ニュース

昨日(8/20)のニュースまとめ

ニュース

SBI,地域独自電子通貨発行支援

ニュース

ドイツでSTOプラットフォームの認可

ニュース

韓国取引所の97%が経営危機[市場縮小と取引所の信頼]

ニュース

楽天ウォレット、現物取引サービス開始

ニュース

【bitFlyer】Tポイントでビットコインの購入可能に‼

ニュース

送金サービス[One Pay FX]、ラテンアメリカでの提供準備[xCurren…

ニュース

ニューヨーク州最高裁、NYAGの調査許可[Bitfinex/Tether]