ニュース

ドイツ・ハノーファーにてビットコインで公共料金の支払いが可能に

ドイツのハノーファーでインフラ事業を展開しているEnercityが仮想通貨の普及を受け、ビットコインによる公共料金支払いを開始することを発表した。

 

 

EnercityのCEOは「電子化はもはや様々な面で人々の生活の一部になっている。エネルギーの面からもお客様に最適なサービスを選択していただく思い、今回の試みに至ったが、これは電子化された未来へのはじめの一歩に過ぎない。」

 

と述べており、これからますます情報は中央集権型から分散型社会へ移行していくだろうと考えているようである。公共料金の支払いをビットコインで行えるとなれば、前例のない取り組みであり、新たな顧客サービスへの先駆けとなる可能性もある。

 

Enercityは、ドイツのハノーファーにある公共サービスを中心とした事業を展開する企業であり、電力やガスはもちろん、水道や暖房、木炭なども供給する手広い会社である。2700人の社員で年間250億ユーロを売り上げる大企業だという。

 

Enercityはビットコイン決済に関して、ドイツで決済サービスを提供するPay.deと提携しており、支払はEnercityのサイトでビットコイン決済ができ、またハノーファーのカスタマーセンター(Kunden Center)に設置済みの端末からも可能である。

 

関連記事

  1. ボスティック米アトランタ連銀総裁、仮想通貨は投機的な資産

  2. XRPがAmazon・スタバなどで決済手段として利用可能に

  3. G20、初めて仮想通貨の上昇するリスクに焦点、監督の必要性を訴える

  4. 麻生大臣、「信頼性」に関する慎重な検討が必要[CBDC]

  5. ビットコイン送金市場に入り込もうとする韓国の複合企業

  6. Libra協会、開発状況報告[メインネット摸したPre-mainnet…

PAGE TOP

ニュース

昨日(2/25)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習[チャートパターン①]

ニュース

投資で大切な安全性・収益性・流動性[初心者向け]

ニュース

コインチェック、Qtum取り扱い予定発表

ニュース

サンタンデール銀行、ネット決済企業買収[金融機関によるネットサービス企業への動き…

ニュース

イギリス中銀、デジタル通貨に関する取り組みに焦り

ニュース

昨日(2/24)のニュースまとめ

ニュース

コインの森トレード学習講座[トレードをギャンブルにしないために]