ニュース

ドイツ・ハノーファーにてビットコインで公共料金の支払いが可能に

ドイツのハノーファーでインフラ事業を展開しているEnercityが仮想通貨の普及を受け、ビットコインによる公共料金支払いを開始することを発表した。

 

 

EnercityのCEOは「電子化はもはや様々な面で人々の生活の一部になっている。エネルギーの面からもお客様に最適なサービスを選択していただく思い、今回の試みに至ったが、これは電子化された未来へのはじめの一歩に過ぎない。」

 

と述べており、これからますます情報は中央集権型から分散型社会へ移行していくだろうと考えているようである。公共料金の支払いをビットコインで行えるとなれば、前例のない取り組みであり、新たな顧客サービスへの先駆けとなる可能性もある。

 

Enercityは、ドイツのハノーファーにある公共サービスを中心とした事業を展開する企業であり、電力やガスはもちろん、水道や暖房、木炭なども供給する手広い会社である。2700人の社員で年間250億ユーロを売り上げる大企業だという。

 

Enercityはビットコイン決済に関して、ドイツで決済サービスを提供するPay.deと提携しており、支払はEnercityのサイトでビットコイン決済ができ、またハノーファーのカスタマーセンター(Kunden Center)に設置済みの端末からも可能である。

 

関連記事

  1. BTC9000ドルの下値試す、規制当局による仮想通貨取引所の取り締まり…

  2. 12.4憶ドルをBTCに資金洗浄利用

  3. GMOコインとdAppsゲーム「くりぷ豚」がコラボ!!限定キャラとアイ…

  4. インドから取引所の撤退相次ぐ[大手取引所Koinex撤退]

  5. XRP系ICO開始か

  6. MoneyGramと韓国大手送金業者提携[Ripple とxRapid…

PAGE TOP

ニュース

昨日(10/12)のニュースまとめ

ニュース

JCBA、意見書公表[暗号通貨管理]

ニュース

昨日(10/10)のニュースまとめ

ニュース

イギリス中銀、Libraの監督方針

ニュース

Ripple、Finastraと提携[RippleNet]

ニュース

販売所と取引所の違いとは?[初心者向け]

ニュース

Binance、AliPayやWechatPayでのBTC購入サポート

ニュース

昨日(10/8)のニュースまとめ