ニュース

Chaintope、DELITAと提携[電力供給と消費環境の激変]

記事のポイント

  • Chaintope,DELIAと提携しブロックチェーン実装へ
  • エネルギー業界でのブロックチェーンの活用
  • 電力供給と消費環境の激変

24日、株式会社Chaintopeは一般社団法人DELIAと提携したことを発表した。ChaintopeDELITAは「ブロックチェーン技術」を基盤として、新たな事業モデルを創造しようと活動しており、今回の提携でより活発的で効率的な活動が行えるとしている。

 

ChaintopeDELITAと提携

株式会社Chaintopeは、一般社団法人DELITAと提携することを発表した。この提携は、エネルギー業界へのブロックチェーン技術の活用を目的として、再生可能エネルギーの経済的自立、エネルギー関連事業の研究開発、スマートシティなど社会実装において連携するという内容になっている。

同社はパブリックブロックチェーン関連技術に強みを持つ企業であり、ブロックチェーン技術を用いた社会・事業モデルの実現を理想とし、用途実装や事業化に向けた取組を行っている。今回提携したDELITAもブロックチェーン技術を活用し、分散エネルギーに関する革新的で多様的な事業創作を行い、再生可能エネルギーの普及・脱炭素促進を目的に活動している団体である。ChaintopeDELITAも「ブロックチェーン技術」を基盤として、新たな事業モデルを創造しようと活動している。

DELITAは、国内外ともに実績のあるChaintopeと連携することで激変する鵜分散エネルギーのビジネスモデルに素早く対応できると、今回の提携に対して高い期待を抱いている。

  • 一般社団法人DELITA 分散型エネルギーの情報基盤の開発およびそのビジネス応用に関わる技術取得とアプリケーションの開発を目的として「ブロックチェーンによる分散エネルギー情報基盤アライアンス」(Distributed Energy Ledger Infrastructure AllianceDELIA)の活動を行っている。

 

電力供給と消費環境の激変

関西電力は「従来の企業による中央集権的な電力供給システムから、分散型の消費者同士で自由に行う電力狭システムに変化していくのではないか」とこれからの電力供給システムの変化について語っているように、国内では、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)の期限が切れる家庭が201910月より続出し、自家発電を行っている家庭の余剰電力をどのように取引するか、そのようなサービスが必要か、と業界に変化が起きている。この変化に対しては筆頭として、中部電力や関西電力などの大手エネルギー企業が、電力取引の仲介サービス開発に取り組み、富士通のようなIT企業がブロックチェーン技術を活用したプラットフォームの開発に動いているのだ。

また、この制度の期限だけでなく、日本が他国にエネルギーを頼っている状況や災害が多いという環境から、各家庭で独立してエネルギー発電・蓄電を行い、補い合うという形で、電力会社が電力を生み出すことを抑えたり、分散化させて復旧を早めたりする狙いもある。

 

関連記事

参考:株式会社Chaintope[ブロックチェーンによる分散エネルギー情報基盤アライアンス(略称:DELIA)と提携し、エネルギー業界へのブロックチェーン実装を推進 ]

関連記事

  1. 仙台でNEMのミートアップ

  2. 国内取引所Coincheck、Androidアプリをリリース

  3. コインチェックが来週をメドに流出NEMの補償実施へ

  4. XRP投資家の強い意志 ~投票結果~

  5. ブロックチェーン技術導入検討[タイ中銀]

  6. GMOも⁈BCHのマイニング停止か⁈[CEO後日否定]

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供