ニュース

取引所、ウォレットにアクセスできず[鍵の管理態勢]

記事のポイント

  • 取引所QuadringaCX、暗号通貨にアクセスできず
  • 創業者の死により、コールドウォレットへのアクセス困難に
  • 暗号通貨の管理、安全に、簡潔に管理できる方法は

カナダの最大手暗号通貨取引所QuadringaCXで、160億円相当の暗号通貨が保管されたコールドウォレットにアクセスできない事態に陥っている。この原因は創設者の死亡であり、暗号通貨をどのように安全に保管・管理するかが大きな課題であることが再確認された。

 

QuadringaCX、資産にアクセスできず

131日、カナダ最大手暗号通貨取引所QuadringaCXが、債権者保護手続きを行った。これは、同取引所が大手銀行CIBCと法的トラブルを起こしていることや、同取引所の創業者が昨年死亡してから、取引所資産にアクセスできない問題から起きた財政問題を解決するために行われた。

QuadringaCXは前述の通り、カナダ大手の取引所であり、取引サービスが提供されていた。しかし、昨年1219日に創業者が死亡して以来、取引所のコールドウォレットへのアクセスはできず、それゆえに顧客が自身の資産を引き出すことは不可能な状態となっていた。それらの顧客資産を補償しようにも、同取引所は現在37.5万カナダドル(3100万円)を現金で所有しているのみであり、利用者の資産である2216億円をすべて保証することは困難な状況になる。カナダの法律、会社債権者調整法(CCAA)基づいた申請を行ったことを発表した同取引所は、破産を避けつつ利用者に対する財政問題を解決していく考えである。

  • コールドウォレット 暗号通貨を管理する方法の1つ。インターネットから完全に切り離した状態で保管・管理を行う。そのためハッキングなどから資産を守ることができ、資産を管理するには最適だとされる。しかし、ネットから切り離されているため、送金や取引といった行為を頻繁に行う際には不便なものとなっている。

 

QuadringaCX

同取引所は昨年1月に、同取引所の決済処理を行う業者の口座を凍結されたため、資金が引き下ろせない状況となり、一部の利用者は預金の引き出しに遅れがみられていた。その後、何の予告もなしに取引所がメンテナンスを開始し、サービスが制止された後、今回の債権者保護手続きの申請を行ったことを発表した。創業者がなくなったのは昨年の12月であり、そこから取引所における業務に支障が出たとみられている。

しかし、創業者は自宅で取引所運営に関する作業を行っていたほか、パソコンはすべて暗号ロックが欠けられており、現状を解決する手段を見つけるのは困難な状況に陥っている。

 

暗号通貨の管理

暗号通貨の管理に関しては当初から課題とされてきた。今現在最も安全に管理できるとされているコールドウォレットは、ある程度の暗号通貨の知識とネット・パソコンを不自由なく利用できる知識が必要とされており、そのハードルの高さから一般的に利用できるように普及させるにはもっと直感的に利用できるウォレットの誕生が必要だとされている。また個人での暗号通貨管理だけでなく、顧客資産と取引に必要な資産と巨額の資産を有している取引所はハッカーから狙われやすく、ウォレットだけでなく顧客情報も含めたセキュリティ体制が課題とされていた。今回のQuadringaCXの「ウォレットにアクセスできない」という状況は、ハッキングとは異なるものの、いかにカギを一つにまとめておくのが危険であることかを再確認するものになったのではないかとみられる。秘密鍵を分散させて管理するマルチシグの体制が最低限どの取引所でも導入されるようになってほしい。

  • マルチシグ 秘密鍵を複数に分割して管理する方法のこと。通常は秘密鍵は1つであり、その鍵を失うということは資産の所有者であることを証明できない、つまり資産を自由に動かすことができなくなることを意味する。しかしマルチシグでは複数に鍵を分割するため、セキュリティ性の向上とともに鍵の紛失に対する保険のように利用することができる。

 

関連記事

 


関連記事

  1. 投資に関する法規制[金融商品販売法・金融商品取引法]

  2. イラン、暗号通貨発行で制裁回避なるか

  3. 横浜銀行・住信SBI、ブロックチェーンでの送金システム開発へ本腰

  4. 欧州証券市場監督局は仮想通貨を含む金融改革の監督を優先

  5. 昨日(1/15)のニュースまとめ

  6. GMOライトコイン取り扱い開始

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供