ニュース

1週間(2/4~2/10)のニュースまとめ

1週間のニュースまとめ

注目記事

  • [仮想通貨税制を変える会]藤巻議員への安倍首相の答弁

27日に行われた参議院予算委員会の中で、日本維新の会の藤巻健史議員への答弁の中で安倍首相は「暗号通貨・ブロックチェーン技術に対して大きな可能性を秘めている」とし、注目しておくべき存在であるという考えを持っていることを明らかにした。首相の前向きな意見とは別に、この答弁が行われた際の議員の反応は、暗号通貨を馬鹿にしたような態度が多くみられた。それを見た方は、同技術がまだこれからであり、将来性に期待できると考える方がいる一方で、政治に携わる人に各分野の専門家が必要だと危機感を覚える方も多くみられた。

 

  • Ripple社、上海オフィス設立へ[中国の法規制]

アメリカのブロックチェーン企業であるRipple社は、中国の上海にオフィスを設立するため、スタッフを探している。同国は暗号通貨そのものに関しては否定的であるものの、ブロックチェーン技術に関しては積極的に取り組みを進めており、研究開発・投資・支援も積極的に行っている。同国の清華大学もRipple社と提携関係にあり、同社は確実に関係の構築・基盤づくりを進めている。

 

  • JASRAC、2020年ブロックチェーン本格導入

2月4日、日本音楽著作権協会(JASRAC) の浅石道夫理事長は、2020年にもブロックチェーン技術を本格導入する考えであることを表明した。銀行業務や不動産業務同様に、同協会もブロックチェーン技術を導入することで、楽曲の利用・徴収・分配履歴を記録し、音楽著作権使用料の流れの透明性向上を図る。銀行業や不動産業だけでなく、日本でも著作権などの分野での利用が広まりつつある。

 

関連記事

  1. アメリカの裁判所「先物委員会はBTC先物を規制してよい」

  2. スイス大手老舗銀行Julius Bear、暗号通貨関連事業開始の発表

  3. インドネシア、ブロックチェーン技術に動く

  4. 昨日(3/15)のニュースまとめ

  5. ビットポイント、業務改善命令の報告義務解除

  6. 台湾、マルタに続くブロックチェーン島目指す

PAGE TOP

ニュース

昨日(7/20)のニュースまとめ

ニュース

MoneyGramと韓国大手送金業者提携[Ripple とxRapid]

ニュース

GINKAN、オリコと資本業務提携[トークンエコノミー]

ニュース

Coinbase、イギリス利用者向け入出金で制限

ニュース

TISとINDETAIL、実証実験へ[過疎地域での交通インフラ]

ニュース

ALIS,証明サービス提供開始[ブロックチェーン]

ニュース

Binance、XLMのステーキングサポート

ニュース

ステーブルコインに関する声明[G7・財務省]