ニュース

取引所による不正行為[韓国で有罪判決]

記事のポイント

  • 韓国取引所の幹部2名、取引不正操作で懲役
  • 取引所による取引に関する不正
  • 透明性・安全性・信頼性の向上のために

117日、韓国のソウル南部地方裁判所は、取引量の報告書に関して、不正に取引量を水増ししたとして同国暗号通貨取引所KomidCEOと幹部に有罪判決を下した。暗号通貨市場は既存の金融市場と比べまだ成長段階であり、誕生したばかりということもあり、法規制は比較的緩くこうした不正が横行しやすい状況にある。こうした不正行為ができないようなシステム・法規制の必要性が高まる。

 

韓国取引所、不正操作で有罪判決

117日、韓国のソウル南部地方裁判所は、取引量の報告書に関して、不正に取引量を水増ししたとして同国暗号通貨取引所KomidCEOと幹部に有罪判決を下した。同取引所CEOは懲役3年、幹部は懲役2年が言い渡された。

この不正行為は取引所で5つ以上もの偽物のアカウント、自動で売買を行うBotを利用し、暗号通貨と韓国ウォンの取引板で大量注文を行い、取引量を水増ししていた。単なる売買だけでなく、前述の通り大量注文も行い、その取引に需要があるように見せかける「スプーフィング」と呼ばれる手法も用いていた。裁判官はこれらの手法と取引所で500万件もの取引を偽造し、約48億円も利益を得ていたことから「長期間にわたって無数の犠牲者に対して詐欺行為を行っており、その詐欺行為・偽の電子記録作成によってもたらされて損害が大きいため、処罰の必要性がある」とし、今回の判決が言い渡された。

 

  • スプーフィング(spoofing) なりすましのことであり、見せ玉・見せ板とも言われる。あたかも取引が活発に行われているかのように見せるために、約定する意思なく指値注文を行う。約定する気はないため、売買成立直前に取り消しや訂正を行う。これはほかの市場参加者に対して誤解を生じさせるものであり、相場を変動させる目的で行われる相場操縦行為の一種であるため、金融商品取引法15921号にて禁止されている。ただ、現時点・日本では「仮想通貨」は資金決済法によって規制されており、金商法は適用されていない。(執筆時2019122)
  • Bot(ボット) 機械による自動売買システムのことであり、語源はロボットからきている。Twitterでは機械による自動発言システムのことを指す。特定の時間に注文を行ったり、ある価格になったら動いたりとさまざまな動きがある。

 

取引所による取引量のねつ造

今回、韓国の取引所で不正操作による取引量の詐称・不正行為に対して有罪判決が下されたが、何もこの問題は珍しいことではなく、どの取引所においても問題視されているものである。実際に20188月頃に、取引所の7割以上が架空の売買によって取引量をねつ造しているという指摘が、アメリカのブロックチェーン研究会Blockchain Transparency Institule(BTI)によって行われた。

そのため、暗号通貨市場の動き・情報を提供しているサイトとして有名なコインマーケットキャップでは水増し・ねつ造を防止するためにとられた対策として「取引量による暗号通貨取引所トップ100」のランキングで、調整取引量に基づくものと、報告取引量に基づいて作られたものの2種のランキングが提供されている。調整取引は取引量を左右するであろう要因を考慮し、CMCで取引量を調整したものとなっている。

またさらに同年11月にはBTIによって「CMCで表示されているビットコイン(Bitcoin/BTC)ペアの取引量がウォッシュトレーディングという手法により水増しされている」という指摘も行われていた。

  • ウォッシュトレーディング 水増し取引のこと。利益を得ることが目的で行われるのではなく、取引量を水増しするために行われ、意図的に取引量を操作することを目的に行われており、同時期に同じ価格で売買の注文を行う。取引を繰り返すことで取引量を計上する架空取引となっている。

 

まとめ

暗号通貨市場は既存の金融市場と比べまだ成長段階であり、誕生したばかりということもあり、法規制は比較的緩くこうした不正が横行しやすい状況にある。法規制を整備し、その行為を禁じることも必要だが、「故意」に「相場操縦」を目的に不正行為を行っていると証明することが必要であり、その証明は難しい。そうしたことから、不正行為がおこなわれないように透明性を高めて、取引を確認できる態勢が必要であるとみられる。そうすると今現在日本で行われているサイドチェーン技術を活用した暗号通貨決済システムの実証実験は非常に重要なものではないだろうか。

 


参考:Blockinpress[법원, 코미드 대표에 징역 3년 선고거래량 부풀려 고객 속여]

 

関連記事

  1. Huobi、口座開設受付開始[XRP配布キャンペーンも実施]

  2. 香港、顧客資産の補償制度必須へ

  3. 日本国内の登録済み取引所まとめ[営業中]

  4. 大手金融グループ、住宅ローン証券の追跡にブロックチェーン技術の導入

  5. Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

  6. ロシアがICO整備に動く

PAGE TOP

ニュース

MyEtherWallet、KYCなしに暗号通貨・法定通貨取引可能に

ニュース

みずほ、[J-coin-Pay]サービス3月から開始!!

ニュース

返済できない負債を暗号通貨で返済[WFCの実態]

ニュース

証券業界、利便性向上のための構想[ブロックチェーン技術・DLT]

ニュース

Ripple社、[Just-in-time]の重要性について語る[Mercury…

ニュース

Liquidでも、クレジット・デビットカード決済可能に

ニュース

昨日(2/21)のニュースまとめ

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供