ニュース

コンセンサスアルゴリズムの種類

記事のポイント

  • コンセンサスアルゴリズムとは
  • PoS・PoI・PoC・PoB
  • それぞれのメリットデメリット

取引所によるセキュリティの問題による攻撃だけでなく、暗号通貨の技術面を利用した攻撃もあり得るのだと証明されたことから、暗号通貨そのものの技術への注目度が上がっている。モナコインへの攻撃やBCHのアップグレードの際のハッシュウォーなど、まだ暗号通貨には課題が多くある。価格だけに注目するのではなく、各コインがどのような技術で支えられているのか理解しておくことも必要である。

 

コンセンサスアルゴリズム

コンセンサスアルゴリズムとは、取引が正当なものであるかどうかを管理・検査するものであり、計算量によるPoWをはじめ、保有量や保有年数によるPoS、コミュニティへの貢献度・重要度によるPoIや各承認者をあらかじめ決めておいてそれらによる投票で決定するPoCと様々なものが存在している。現在PoWが主流として存在しているが、他にもDPoS,PoI,PoC,PoB,PoQ,PoWTと様々な承認方法がある。今回はPoS.PoI.PoC.PoBについて紹介する。

  • PoS(Proof of Stake) PoWの51%攻撃や中央集権化といった問題点を解決・改善するために開発されたものであり、コインの保有量によって発言権が与えられる仕組みとなっている。PoWにあったマイニングコスト、51%攻撃の可能性を低く抑えることが可能となっている。ただ、「保有量」が重要となるため、買い増しが主となり、流動性が低くなる可能性が存在する。

 

  • PoI(Proof of Importance) は重要度による承認、つまり重要度が高い通貨保有者が承認を行う方式で、この重要度は通貨の取引回数や取引量などから総合的に判断され、決められる。この重要が高いほどブロックの生成成功率が高くなるように設定されている。単純な保有量によるPoSとはことなり、取引量なども考慮された重要度となるため、貧富の格差はPoSと比較して抑えられるとしている。ただ「どのくらい流動性を高めたのか」という点が重要であることやはーべスティングに一定の保有量が必要となることから、多少は富裕層に有利となっているのではないかという指摘もある。

 

  • PoC(Proof of Consensus) は合意による承認、認められた企業や機関だけが取引の合意検証を行える。この承認方法はXRPの分散台帳技術で採用されているもので、認められた機関・企業が承認をするために、取引の承認にかかる時間が短いのが特徴となっている。ただ、特定のものによる承認であるため、中央集権的だとされてもいる。しかし実際には150人いるバリデーターのうち、たった10のバリデーターのみがリップル社の管轄下であり、権力はそれほど集中していない。

 

  • PoB(Proof of Burn) 燃やすことによる承認、つまり今所有している通貨を使用できなくし、同じ価値の新しい通貨と交換することだ。ある通貨を持つ人が誰にも分らず、移動できない秘密鍵のアドレスに送ることでそのコインが使えないことを証明するため、透明性が高い。また、コインを燃やした量に比例して報酬が得られるため公平な仕組みとなっている。ただ、手続きに10以上かかるという時間の問題の性で実用的であるとはいいがたいものとなっている。

 


 

関連記事

  1. 米金融会社USAA、ブロックチェーン技術の可能性に注目

  2. 薬局で暗号通貨決済導入

  3. ECBがビットコインを突き放す

  4. シンガポール、金融当局がFinTech分野の研究に巨額の出資を決定

  5. 台湾、銀行決済システムにブロックチェーン技術

  6. SBI,本格的に動き出す

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ