ニュース

昨日(1/10)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 取引所ShapeShift、従業員1/3を解雇したと発表
  • ブロックチェーンソーシャルメディア『ALIS』のオープンβ版第1弾公開
  • mijinを利用した在宅勤務者管理の実証実験実施
  • ベネズエラ、暗号通貨・外貨取引に対して課税実施
  • ノルウェーの大富豪の妻、誘拐事件で犯人は11億円のモネロ要求
  • 取引所Gate.io、ETCの51%攻撃確認、顧客へ損失補償を約束
  • タイ財務省、仮想通貨企業4社に認可付与

更新記事

世界的なブロックチェーン企業であるRipple社は1月8日、公式TwitterRippleNet加盟企業数が200社を超えたことを公表した。Ripple社が勢力を拡大していく中で、既存の金融インフラSWIFTや銀行によるIINなど金融機関による取り組みも活発になっている。

 

2018年後半から企業の取り組みや調査が活発的に行われてきたEUでは、そうした企業の動きから法規制の必要性が高まっている。しかしEU内の各国で規制が異なると、市場の統一化や消費者保護の障害となる。そういったことからEU内での統一化された法規制を整備することが必要とされている。

 

株式会社ALIS110日、ALISのオープンβ番第一弾を同日公開したことを発表した。専用ウォレットのほか新機能が追加され、今後さらなる利便性が高まることが期待される。また、ALISのほかにもLINEのように報酬型システムを取り入れるサービスが増加傾向にあり、日常的に何気なしに暗号通貨が利用できる日も近づいている。

 

テックビューロホールディングスは1月9日に、同社が開発するmijinを活用し在宅勤務における課題解決のための実証実験を実施したことを発表した。同社は副業に関する出退勤管理にmijinを活用した実証実験を行ったりと、現在の国内の働き方改革に合わせて起こる問題の解決に注力している。

 

 

関連記事

  1. カナダの中央銀行がデジタル通貨

  2. 1週間(8/19~8/26)のにゅーすまとめ

  3. Zaif運営のテックビューロ、「mijinv.2(Catapult)」…

  4. ビットコイン、ギリシャ国民投票の影響もあり高値維持

  5. ブロックチェーンで国境を越えた試み

  6. QUOINEXがETHの手数料をさげる

PAGE TOP

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ

ニュース

金融の効率化、電子化への法規制見直し

ニュース

ベネズエラ、最低賃金引上げ・ペトロの利用義務でインフレ対策

ニュース

中国独自のチェーン・コインの誕生促進か[新たな規制]

ニュース

昨日(1/14)のニュースまとめ

ニュース

Rippleを中心とした企業の動き[xRapidとxCurrent]