ニュース

投資で大切な安全性・収益性・流動性[初心者向け]

記事のポイント

  •  収益性・流動性・安全性
  • 両立が成り立つ関係となり立たない関係
  • どの性質を優先するか

金融商品に様々な種類があることは以前【金融商品の種類】でも紹介させていただいたが、自分に見合った金融商品を選ぶには、それぞれの特徴を知る必要があります。今回は、その判断を行うに必要な収益性・安全性・流動性について紹介させていただきます。

 

金融商品に係る3つの性質

金融商品には株式や債券、外貨とさまざまなものがありますが、以下の性質で分類わけすることが可能です。投資を検討する際はこうした商品の特質を見極め、自身の生活・性格に合ったものを選ぶことをお勧めします。

 

  • 収益性 その金融資産を運用した際に利益が出やすい状態のことです。
  • 安全性 その金融商品を運用した際に元本が減らない状態のことです。
  • 流動性 必要になった際に現金に換えやすい状態を確保・維持していることです。金融商品によっては、期限まで自由に資金の引き出しができなかったり、売却できても資金を引き出すまでに時間がかかったりする場合があります。

 

これらの3つの性質で金融商品の特徴を判断することが可能です。これら3つの点すべて優れているものを購入・運用したいと思うかもしれませんが、安全性と収益性は両立しない関係といわれているため、不可能となります。安全性をリスク、収益性をリターンと考えればわかりやすいでしょう。【投資のリスクとリターン】で紹介したように、リスクとリターンは表裏一体の関係であり、ハイリスクハイリターン・ローリスクローリターンがあっても、ローリスクハイリターンは存在しません。

また安全性と収益性は両立しない関係といわれるのと同時に、収益性と流動性は両立が難しい関係といわれています。これは普通預金と定期預金を思い浮かべればわかりやすいでしょう。普通預金はいつでも資金を出し入れすることが可能であり、高い流動性を持っている一方で、金利は高くありません。しかし定期預金では普通預金のように資金を出し入れすることが出来ず、流動性が低い一方で、普通預金に比べて預金利率が高く、収益性が高いものとなっています。

そしてこの3つの性質の中で安全性と流動性のみが両立することが可能な関係といえます。普通預金であれば、いつでも資金を引き出せ、流動性が高いうえに、元本が減る・預金額が減ることはなく安全性の高いものとなっています。

 

自分が運用する際にどれを重視したいか

3つの性質について紹介しましたが、重要なのは投資を行う自分自身がどの性質を優先したいか、ということです。収益性を優先したい方は多いかもしれませんが、商品を購入後値動きが気になって、普段の生活に支障をきたしてしまうほど慎重な方は収益性よりも安全性を優先させた方がいいかもしれませんし、資金に余裕があって多少の損失は気にならないという方であれば収益性を優先させた方がいいかもしれません。いずれにしても自身の生活・資金・性格をよく分析したうえで、適切な商品を選ぶことが重要です。また誰かに「これは絶対に儲かる」「絶対に損しない」という話に耳を傾けるのではなく、きちんと日本の法律に則った業者であるかを確認して判断を下す必要があります。

 


 本記事は投資や投資に関する法規制を説明することを目的としたものであり、投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には、事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解したうえで、自己判断・自己責任で行ってください。また、取引を行う際には、その業者がきちんと金融庁・財務局の認可を受けた者であるかの確認を取ったうえで行ってください。

関連記事

  1. Quantstamp,日本法人設立[国内でのdAppsサービス]

  2. スワジランドが仮想通貨を研究

  3. 注目集めたXRP,9月の動き[XRP関連記事⑤]

  4. 「SPINDLE」詐欺疑惑の実体と運営会社のミス

  5. XRP価格急騰、機能できなかった取引所の今後

  6. Zaif事業譲渡の手続き開始[フィスコに譲渡後もサービス内容に変更なし…

PAGE TOP

ニュース

SBI HD,新たな子会社設立[マイニング専用チップ・システムの開発製造]

ニュース

QUOINE、レバレッジ取引サービスの変更へ

ニュース

Bitmain、雨期の水力発電を狙いマイニング装置の設置計画か

ニュース

Huobi、IEOとは異なる新たなプラットフォーム設立

ニュース

JCBAによるICO規制についての提言[それぞれの性質に合わせた規制]

ニュース

Facebook、ブロックチェーン部門で新たな求人

ニュース

昨日(3/21)のニュースまとめ

ニュース

22日、カンファレンスイベント開催