ニュース

昨日(1/5)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • テキサス州、ステーブルコインは通貨として扱われる
  • Binance/Huobi/Okex、THEのハードフォークに対応
  • クウェート国立銀行、SWIFTのGPI導入へ

更新記事

アメリカテキサス州でステーブルコインは暗号通貨とは異なり、通貨に該当するという見解が発表された。日本でも現在資金決済法で定義されている「仮想通貨」にステーブルコインは該当しないことから、同州と同様に暗号通貨とは異なる存在として扱うようになる可能性もある。

 

先日RippleNetを利用した送金サービスを開始することを発表したクウェート国立銀行は、13日にSWIFTGPI導入を発表した。個人送金技術が普及したことで、銀行サービスに改善がみられたように、Ripple社やIINといった競争相手が生まれたことで、SWIFTも大きく変わり始めている。

 

暗号通貨に対する公式見解・法規制が不透明なインドで、中央銀行は「インド銀行業の状況」といった内容の報告書を公表し、その中で暗号通貨は現時点で金融システム安定の脅威とな派っていないとした。この暗号通貨への認識は国際通貨基金や金融安定理事会と同様のものである。

 

先日新たにXRP基軸市場で6種のコインを追加した取引所BitrueのCEOは、自身のTwitterで、Ripple社の暗号通貨リップル(Ripple/XRP)を活用した送金ソリューションxRapidを将来的に導入する予定であることを明らかにした。XRPの基軸化やRiippleNetの拡大とXRPを活用する環境が着々と整いつつある。

 

 

関連記事

  1. ノアコイン、水面下で動く

  2. 昨日(7/23)のニュースまとめ

  3. ウクライナ、取引所の代表が誘拐疑惑

  4. ブロックチェーン技術でローン発行を早める

  5. 国際送金戦争勃発、国内メガバンクも相次ぎ参戦

  6. コインチェック、13日にも日本円の出金再開と

PAGE TOP

ニュース

暗号通貨で代金を支払いたいという提案があり…[コインの森何でも相談]

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ

ニュース

仮想通貨で多くの詐欺にあってしまいました。[コインの森なんでも相談]

ニュース

リップルアルファに関する勧誘[コインの森なんでも相談]

ニュース

コインの森トレード学習講座[経済指標とは、その扱い]

ニュース

STO協会、ワーキング・グループを設置[ガイドライン策定のための検討]

ニュース

三菱UFJ、デジタル化促進へ[デジタル通貨・STO・決済ネットワーク]

ニュース

筑邦銀行、SBIと資本業務提携[地域金融機関との第4メガバンク構想]