ニュース

大麻とブロックチェーン技術[製造監視で安全性]

記事のポイント

  •  大麻の危険性は製造段階に
  • ブロックチェーン技術で製造を監視
  • 合法化による監視強化

アメリカ・カナダで行われた大麻の合法化など、近年大麻の合法化から大麻産業でブロックチェーン技術の活用が多くみられている。何故、大麻産業でブロックチェーン技術が活用されるのか、それは大麻の危険性の原因にある。

 

大麻の危険性は製造段階にある

大麻などの麻薬が体に悪い理由として、高い依存性や作用の強さが挙げられているが、実際はその製造上にも多くの問題がある。一般的に食品や医薬品といったものでは、政府に製造の衛生状態を検査してもらい、認可を受けたうえで製造・販売が行われるようになっている。しかし、麻薬ではそもそも製造・販売が禁止されているために、そうした管理が行われた企業で製造されているわけではない。そのため不衛生な場で作られ、さらに密輸などで温度変化などの影響を受け細菌などが繁殖し、と体内に入れるような衛生状態ではないものが出回っている。違法に出回るものであるため、売り手は「如何に大量の人に捌くか」が重要な点であり、「きちんしたものを流通させる」ということは二の次になる。そうした国の管理もなく、違法に不衛生な場所で製造されることから、不純物が多く存在し、体に害をなす原因となっているのである。実際に麻薬更生施設では、不純物による病気の検査・治療が行われる。

そうした現状の製造に関する問題から、製造から消費者の手に渡るまでを監視できるブロックチェーン技術の活用が注目されているのである。先ほど述べたように温度や湿度といった大麻を育てる環境や加工、配送、小売りに関しても、一般の食品や衣料品のように監視・管理下に置かれることで、細菌繁殖や末端の売人による異物混入といったものでの健康被害を防止することにつながるのである。

  • ブロックチェーン技術 取引履歴を暗号技術によって過去から一本の鎖のようにつなげ、取引履歴・情報を正確に維持しようとする技術であり、P2Pネットワークを利用することで中央管理者を必要とせずにシステムを維持することが可能なものとなっている。データの改ざん・破壊に強いという特徴を持つ。

 

大麻

大麻は紀元前エジプト文明で鎮痛剤などとして利用されていたほか、繊維や衣料品として利用されてきたものである。現在でも医療用大麻は痛み止めや鎮痛剤、吐き気抑制などで利用されている。大麻といっても多くの品種が存在し、その品種によって人体にもたらす効果も異なるため、一概に危険とも安全ともいえないものとなっています。また乾燥大麻と大麻樹脂といった大麻の加工によっても効果が異なり、その成分調整には専門的知識が必要とされるものとなっている。

 

まとめ

危険性が高いものの、麻薬に関して過度な規制をかけると「医学」においての技術的進歩を阻害する可能性、前述のような健康被害も存在し、大麻を禁じることで大麻以上の危険性を持つ薬物が流通してしまう可能性、といったことから大麻を合法化する国が増加しつつあるのである。そして過度摂取・不純物摂取による精神錯乱、病気といった被害を防ぐために、生産を透明性高く管理できるブロックチェーン技術の活用が広まっているのである。

  


本記事はあくまで大麻産業でのブロックチェーン技術活用を紹介することも目的にしたものであり、大麻が安全だと進めるものではありません。現在国内では麻薬の原料となる大麻及びその製品の所持・栽培・譲渡・使用等に関して大麻取締法で定められています。大麻の栽培・所持・譲渡・使用に関しては、大麻取扱者として免許を受けた者が、許可された目的で使用すること以外は禁じられています。

関連記事

  1. 口座開設、郵便手続き不要に

  2. 米NYCプラザホテル、ICOも検討

  3. サウジ、改革の一環としてブロックチェーン技術も

  4. ユニメディア、仮想通貨マイニングサービスを提供開始

  5. サムスンが物流にブロックチェーン技術導入予定

  6. チェコの駅にビットコインATM、10台設置

PAGE TOP

ニュース

Coinbase Commerce、2種のステーブルコイン採用[USDC・DAI…

ニュース

KYCCとマネーパートナーズ業務提携[暗号通貨業界の健全化へ]

ニュース

暗号通貨ウォレットWodca,アプリリリース[暗号通貨の管理より簡単に]

ニュース

SBI,アート市場でのブロックチェーン活用[アートバーンへ追加出資]

ニュース

昨日(5/23)のニュースまとめ

ニュース

キャッシュレス決済サービス、PayPayとは[利用可能店舗]

ニュース

スマホ決済[PayPay]を悪用[クレジット情報などは厳重に管理を]

ニュース

ホンダとGeneral Motors、共同開発へ[ブロックチェーン活用]