ニュース

ビットコインウォレットアプリbreadwalletの偽アプリが多数出回る

breadwalletの偽アプリがAppleのapp Storeに数多く登場しているとして、breadwalletが注意を呼び掛けている。

 

 

breadwalletはサンフランシスコで誕生した、ビットコインウォレットのアプリで、操作性のよさと安全性の高さから多くのユーザーを獲得し、現在では10万人以上もの人々が利用している。日本語での利用者に限っても1万人を超えているという。

 

breadwalletはビットコインネットワークとアプリケーションを直接つなぎ、サーバーを介さないことで安全性を担保してきた。

 

実際に、ビットコインを扱う取引所の多くなどは、このサーバーがハッキングを受けるなどして、多額の被害を受けている。

 

ハッキング不可能といわれるビットコインネットワークの特性を最大限に活かしたウォレットがbreadwalletだったわけだ。

 

しかし、世の中、悪というのは手段を選ばぬものである。このbreadwalletのユーザーが被害にあった。

 

apple storeに本物そっくりの偽アプリが登場していたのである。この偽アプリの目的はアカウントの乗っ取り、そして、それに端を発したコインの盗難にある。

 

人気のアプリの偽物が市場に出回るというのは、そう珍しいことではなく、実際にgoogle playなどで人気のアプリを検索すると、非常に似通ったよく見ると違うアプリというのが沢山リストアップされてくる。

 

これらの多くにもマルウェアやスパイウェアが仕込まれていることが多いので、安易にダウンロードすることは避けてほしい。

 

しかし、今回の事件がそれらと違うのは、単なる偽アプリは端末から個人情報の収集を行うのが目的なのに対して、ウォレットアプリを狙うということは、金銭的価値を盗もうとしている点である。被害にあったユーザーは直接財産に損害をうけるのでよりダメージが大きい。

 

ビットコインを含む仮想通貨の世界はいまだ発展途上といわれている、当然これからも多くの仮想通貨が登場するであろうし、それに付随して多くの保管アプリ、ウォレットアプリが出回ることになる。

 

そうしたなかで、こうした犯罪も増えることになる。大きい市場ほどおいしいターゲットになるからだ。

 

読者の皆さんで、これからウォレットアプリ(に関わらずだが)をダウンロードして利用されるという方は、必ず一度そのアプリが公式に作られた本物であるかどうかを確認してほしい。

 

ひょっとしたら、あなたがダウンロードしたそのアプリケーションはあなたのビットコインを盗難しようと画策して作られた偽物であるかもしれない。ビットコインはお金と同じ。慎重に見極める姿勢が重要なのだ。

関連記事

  1. 円相場急落

  2. メルカリで「ハードウェアウォレット」出品禁止へ

  3. Ripple取引所Mr.Ripple、新システムで新規登録が可能に

  4. スタバが仮想通貨決済検討か

  5. 仮想通貨取引が急拡大、為替相場の影響も

  6. マイクロソフトがエクセル2016でビットコインをサポートへ

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

Microsoft ブロックチェーンの新たな活用法研究

ニュース

ロシアが規制法案発表

ニュース

仮想通貨は本当に”eco”なのか

ニュース

【速報】熊本電力がマイニング参戦!

ニュース

【速報】世界大手、「クラーケン」がXRP/JPYを取り扱いに追加!

ニュース

【速報】韓国政府「仮想通貨規制担当」が自宅で不審死

ニュース

コインチェック、他社と資本提携か?

ニュース

【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味