ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す

記事のポイント

  • 脅威増す、フィッシング詐欺
  • フィッシング詐欺対策
  • 犯罪情報の収集

ネット犯罪として古くから存在するフィッシング詐欺は、時代に沿って変化し、今だ大きな脅威として存在している。フィッシング詐欺の動向や特徴を確認し、被害にあわないよう情報収集を行うことをお勧めする。

 

フィッシング詐欺の脅威

OOをご利用のお客様」「料金が未納です」「ご確認ください」など金融機関や企業を騙り、偽サイトへ誘導し、金銭や個人情報を盗むフィッシング詐欺は、ネット犯罪でも歴史が長く、時代に沿った変化をしていくために今でも大きな脅威となっている。

実際に世界的なサイバーセキュリティ企業であるMcAfeeが発表したセキュリティ事件ランキングでも、フィッシング詐欺は複数ランクインしていた。

最近では偽メール・偽サイトのクオリティーも向上し、本物と見分けがつかないほどになっており、被害は拡大している。また暗号通貨保有者を狙ったフィッシング詐欺も増加傾向にあることから、「自分は大丈夫」と思わず、近年の動向や対策を確認しておいた方がいいだろう。

 

フィッシング詐欺対策

フィッシング詐欺ではメールからの誘導が主流となっている。そのため、以下のようにそもそも本物の業者が利用しているメールアドレスか、サイトは公式サイトかの確認を取ることが必要である。

  • メール送信者のアドレスやURLに気を付ける
  • メール本文からのリンクを開かない
  • メールの内容
  • 内容に不明点がある場合は、公式サイトへ確認を取る
  • セキュリティソフトを活用する

メールでのフィッシング詐欺・電話での詐欺でもよく見られる「金融機関からの問い合わせ」だが、銀行や保険会社・カード会社ではメールで口座番号や暗証番号・個人情報を問い合わせることは行っていない。金融機関を騙る人物から、このような個人情報に関する問い合わせメールが届いた場合には、メール返信を行うのではなくその金融機関のホームページなどから問い合わせ、確認を取ることをお勧めする

またメール設定から登録者以外からの受信を拒否することやセキュリティソフトを活用して、そもそも不審なメールを受信しないように対策を取っておくことも有効である。

 

情報収集

日本にはフィッシング対策協議会というものが存在し、関連情報や対策を発信してくれている。またコインの森公式Twitterでもリツイートすることもある警視庁犯罪抑止対策本部でもフィッシングメールや詐欺に関する情報発信が行われている。こうした情報収集・発信団体からの情報を見ておくことも、犯罪動向を知り対策にもなるため、活用してみてはいかがだろうか。

  • フィッシング対策協議会 20054月に発足した協議会である。同会はフィッシング詐欺による被害抑制を目的に活動している。主な活動としてはフィッシングに関する情報収集・提供、動向分析、制度的・技術的対応の検討を行っている。

 


参考:フィッシング対策協議会 

関連記事

  1. グーグルサーチ、ビットコインサーチは昨年10月来で最低

  2. ドイツの銀行で初の暗号通貨取引

  3. 大和証券も!暗号通貨取引市場参入の意欲

  4. 投資会社が匿名通貨の急騰を予測!

  5. 中国の取引所が10月末までに取引停止

  6. SBI VC、受取・送付サービス開始へ[ハードウェアウォレットでの出金…

PAGE TOP

ニュース

bitFlyerで送金が反映されない[なんでも相談室]

ニュース

資産運用に関する日本最大級イベント[マネックス・マネーパートナーズも]

ニュース

ブロックチェーンの実用化、量子コンピュータの実現

ニュース

昨日(1/19)のニュースまとめ

ニュース

SBI、セキュリティ・ウォレットに対する取り組み[新規参入の背中を押す]

ニュース

世界規模の分散型決済ネットワークの開発[既存の決済と]

ニュース

Ethereum,アップグレードConstantinopleは2月27日

ニュース

昨日(1/18)のニュースまとめ