ニュース

昨日(12/14)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • サウジ・UAEの中央銀行、独自通貨を共同開発
  • Basis、証券該当の可能性からプロジェクト中止へ
  • USA Exchange,2019Q1までにRippleNet活用した送金開始計画
  • Revolut,欧州で銀行業の認可を獲得
  • アメリカ議員、国境沿いの壁建設資金調達にICO提案

更新記事

サウジアラビアの通貨庁(SAMA)とアラブ首長国連邦(UAE)の中央銀行は、両国間の銀行取引で利用可能な暗号通貨を共同で開発・発行する計画にあると報じられた。同地域・イスラム諸国の銀行では銀行間取引の利便性向上のための動きが活発になっている。

 

世界的なサイバーセキュリティ企業であるMcAfeeは、1211日に2018年日本で起きた10大セキュリティ事件ランキングを発表した。1位にはコインチェックでの流失事件が挙げられたほか、社会問題ともなった漫画村や佐川急便のフィッシングメールなどがランクインした。

 

アラブ首長国連邦を拠点とするUAE ExchangeがRipple社の送金システムを活用した国際送金を2019年第一四半期までに開始する計画であると報じられた。UAEの位置する中東地域・イスラム金融圏ではRippleNetの加盟が進んでおり、暗号通貨・ブロックチェーンへの取り組みが盛んであることから、Rippleがどのように活躍していくの注目が集まっている。 

 

暗号通貨ステーブルコインプロジェクト、Basisがプロジェクトの閉鎖とICOでの調達金全額返済を発表した。この背景には最近のICO・暗号通貨規制の動きが活発により明確になったことがあるとされている。

 

関連記事

  1. ドイツ、仮想通貨での”支払い”には課税なし

  2. DMM.Bitcoinで新規口座開設キャンペーン

  3. Purse.ioでAmazonの支払いに使うコインがビットコイン以外に…

  4. LiquidNetworkでの実証実験、開発支援プロジェクト[国内の動…

  5. ナイジェリアの規制状況

  6. 金融審議会の報告書公表[送金・決済に関する法規制]

PAGE TOP

ニュース

CROSS exchange運営会社へ警告[金融庁の警告と効力]

ニュース

金融庁、違法な金融業者に関する情報更新[登録業者か確認を]

ニュース

ルーマニア、暗号通貨税制改正

ニュース

デジタル化に合わせた法整備[政治家への個人献金も]

ニュース

自民、デジタル通貨に関する提言[日銀のCBDC共同研究参加]

ニュース

WEF,CBDCに関する枠組み公表[国際的な動き]

ニュース

昨日(1/23)のニュースまとめ

ニュース

NEC,超高速次世代型ハイブリッドデータベース開発[共同研究]