ニュース

投資商品の種類【初心者向け】

記事のポイント

  • 投資商品とは
  • 投資商品の種類
  • それぞれの特徴

【お金の使い道[消費・浪費・投資]】にてお金にはどのような利用の仕方があるのか、【投資のリスク・リターン】で投資にはどのようなリスクが存在するのかを説明させていただきましたが、今回は投資商品にはどのようなものが存在するのか説明させていただきます。

 

投資商品とは

投資といっても自己投資や資産形成の投資、長期・短期とあるように、投資を行う商品にも様々な種類があります。それぞれ商品の特徴やリスクなどを把握したうえで投資を行う検討を行いましょう。投資商品とは、リターンを期待してリスクを取って、資金を積極的に増やす金融商品のことを指します。

 

投資商品の種類・分類

ここでは主な投資商品とその大まかな特徴を紹介いたします。

 

  • 外貨   外国通貨を利用した投資であり、外貨預金や外国預金などがあります。為替相場変動のリスクを抱えるものとなっています。外貨預金では金利は各通貨の母国金利水準を参考に、各金融機関が自由に設定したものとなっています。
  • 投資信託 資金を集め運用を行う投資商品です。投資信託には元本保証がありませんが、専門家が顧客の資産を運用し、様々な投資先に分散して運用します。
  • 株式 株式保有は、株式会社に対して出資を行うことです。業績によっては大きく収益を得られる可能性がある一方で、倒産などのリスクも存在します。
  • 公共債 国や地方自治体が資金調達のために発行する債券であり、預金保険の対象外ではあるものの、国や地方公共団体が発行しているため信用度が高い金融商品となっています。
  • 個人年金 老後の生活資金に備えるもので、将来の年金受取・資産形成・死亡保障の機能を併せ持つ商品となっています。
  • 金銭信託 信託銀行が顧客の代わりに資産を管理・運用する金融商品です。金銭信託には元本補填契約により元本が保証される商品と、契約が存在せず保証されない商品とが存在します。
  • 仕組預金 デリバティブ取引を組み込んだ預金商品の総称であり、一般の預金より高い金利が期待できる預金商品となっています。デリバティブ取引とは、金融商品のリスクを低下させたり、リターンを追求するためにリスクを上げたりと、リスク管理や収益追求する手法として考案されたものであり、先物取引やオプション取引・スワップ取引などがあります。
  • 純金積立 その名の通り、月々の購入金額を日割りした一定金額で、金を営業日ごとに自動購入するものとなっています。積立であるため、時間によってリスク分散が行え、手元に菌が届かないために盗難防止の管理も不要となっています。

 

 

まとめ

本記事で紹介させていただいたのは、「投資」という言葉を聞いた際に一般的に思い浮かべる商品、名の通っている商品であり、投資商品のほかにも数多くの投資商品が存在します。次回は、暗号通貨業界でもよく聞かれるファンド(投資信託)について詳しく説明させていただきます。

 


本記事は資金用途・投資に関する説明を目的としたものであり、投資を勧めるものではございません。投資を検討する場合には事業内容・企業等をよく確認し、リスクを十分に理解したうえで、自己判断・自己責任で行ってください。 

関連記事

  1. ビットペイVISAプリペイドカード提供開始

  2. bitFlyer出入金遅延,数日たっても反映されず

  3. 昨日(8/2)のニュースまとめ

  4. 法定通貨でも、SMS・EメールでのP2P送金可能に[決済の利便性高まる…

  5. 韓国でも広がる仮想通貨投資

  6. オタクコイン準備委員会、ブロックチェーンに精通した専門家らが参画

PAGE TOP

ニュース

PAMM/MAMは誰が運用しているのか[コインの森管理人]

ニュース

NECとシスコ、サイバー対策協業[ブロックチェーン]

ニュース

取引所bitbank, eKYC導入予定[Deep Percept開発]

ニュース

アンダーソン・毛利・友常法律事務所、政府令案解説

ニュース

昨日(2/20)のニュースまとめ

ニュース

ロシア、資金洗浄対策規制改定[暗号通貨関連取引]

ニュース

Arkcashの上場/サイトにアクセスできない[コインの森何でも相談室]

ニュース

ソフトバンク、キャリア間決済実証実験に成功[換金の必要なし]