ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化

記事のポイント

  • マスターカード匿名化技術の特許申請
  • 技術開発に積極的なマスターカード
  • 暗号通貨には否定的

Mastercard社が新たに匿名取引システムの特許申請を行っていたことが明らかとなった。同社は、暗号通貨に否定的なものの、ブロックチェーン技術に関しては積極的に活動しており、今年4月には技術者の大規模募集を行っていた。

 

匿名化技術

クレジットカード決済大手企業であるMastercard(マスターカード)は、ブロックチェーン上取引を匿名化する技術の特許申請を行っていることが明らかとなった。同社は暗号通貨に関して批判を行う一方で、ブロックチェーン技術の有用性に関しては認めており、以前からブロックチェーン技術の研究開発に注力している。

  • ブロックチェーン技術とは データを一つのブロックにまとめ、そのブロックをつなげて管理していく技術である。ブロックはすべてつながっているため、どれか1つを削除したり、間に挿入させたりすることはできない。そのため、データの改ざんはほぼ不可能であるとされている。

今回同社が特許申請を行った技術では、匿名通貨開発者らの意見を参考に開発されたもので、ブロックチェーン上の取引(取引相手や取引額など)を複雑化させ、個人のプライバシーを守ることが可能になる。同社は以前にも匿名取引システムの特許申請を行っていた。以前申請が行われたものは、取引記録は行われるが、その情報を見るのにはID・秘密鍵が必要とされるというものだった。

透明性や健全性を向上させ、個人のプライバシーを蔑ろにすれば、どれほど素晴らしい技術であっても普及は進まないだろう。同社のこのような技術は、ブロックチェーン技術を活用していくこれから必要とされるものとなるのではないだろうか。

 

まとめ

Mastercard社は以下のように、ブロックチェーン技術に関する様々な技術を開発しており、クレジットカードのさらなる利便性向上が期待される。

 


参考:Mastercard 

関連記事

  1. GMOコイン、いよいよ取引所サービス開始

  2. SBI北尾社長「使われる仮想通貨へ」

  3. 電力のP2P取引に動く[日本]

  4. LINE,野村HDと資本業務提携へ[交換業者登録への準備か]

  5. バーゼル銀行監督委員会、暗号通貨に関するリスク警告

  6. 山陰合同銀行が社内でブロックチェーン技術の実証実験を開始

PAGE TOP

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表

ニュース

取引所CoinField、XRP基軸市場に130種ものトークン追加発表

ニュース

イスラム法準拠の取引所Rainにリップル(Ripple/XRP)上場

ニュース

取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX]

ニュース

取引所bitbank、BSVを日本円に換算して付与

ニュース

昨日(3/22)のニュースまとめ