ニュース

XRPの投げ銭、Siriで可能に[普及促進なるか]

記事のポイント

  • 暗号通貨XRPの投げ銭、Siriで可能に
  • 手軽になるXRPの投げ銭
  • XRPの普及促進なるか

 Appleの音声認識機能Siriで、送金先や送金料を指定して、暗号通貨リップル(Ripple/XRP)の投げ銭が可能になった。この投げ銭の利便性がより高まることで、XRPの流動性を高めることや普及活動につながっていくのではないだろうか。

 

SiriXRPの投げ銭可能に

Appleの音声認識機能Siriで暗号通貨リップル(Ripple/XRP)の投げ銭が可能になったとCoinpostが報じた。

XRPの投げ銭アプリXRP Tip BotSiriのショートカットキーを組み込むことで、Siriに送金先とXRPの数量を音声で支持し、送金が可能となる。同投げ銭アプリは1025日に、Google Play StoreApple Appstoreで配信が開始されており、TwitterDiscordだけでなく、レストランやバーなど実店舗にあるQRコードを読み取ることでの送金も可能となっている。

 

AppleRipple

Apple社は4月にApplePayの普及を促進させる目的で、Ripple社のインターレジャープロトコル(InterLeger Protocol/ILT)の拡張機能を導入している。

  • ILPとは 世界中にある異なる価値を高速で移動させ、異なるネットワークを持つ個人間の支払いに対応することができる。例えば取引所にあるXRPと銀行にある日本円では全く異なる口座と価値を持つが、これらの間でも円滑に直接取引することを可能とする仕組みである。

 

まとめ

ネット上の投げ銭は、いつでもどこでも誰に対しても気軽に利用できるものであり、トークンによる経済圏を活性化・拡大させるにはうってつけのものとなっている。特に法定通貨ではなく、トークンで投げ銭を行うことで、もらった側は好きなように利用できることから、暗号通貨の認知を広める好手段とされている。その投げ銭が、より快適に手軽に行えるようになることは、その普及を後押しするにあたって非常に大きな一歩になるのではないだろうか。

 


参考:Coinpost 

関連記事

  1. 多額のビットコイン保有のサイバー犯罪組織の幹部を逮捕

  2. 国内取引所 フィスコ仮想通貨取引所

  3. 資金洗浄対策、より高い透明性を[EU]

  4. アメリカ財務長官「仮想通貨がスイスの銀行口座にならないように」

  5. 分散投資とは[リスクを抑えるためにできること]

  6. 金融庁はICOを危険視

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化