ニュース

昨日(12/7)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • SEC,BTC ETFの決定延期
  • BitcoinSV、時価総額BCHを抜き第5位へ
  • Binance,機関投資家向け機能追加
  • マルタ・イタリア、未登録取引所に関して共同で警告

更新記事

 ニューヨーク州金融サービス局は、Signature Bankがブロックチェーンを活用したプラットフォームを提供することを認可したことを発表した。

 

まだ明確なもう規制整備が行われておらず、企業の動きも活発でないEUの状況を改善すべく、世界的なブロックチェーン企業4社が団結し、新たな団体Blockchain for Europeを結成した。

 

 アメリカの医療サービスが大きく変わろうとしている。同国の大手医療サービス企業らが連携し、ブロックチェーン技術を活用した情報共有を試験的に開始する。

 

以前からコミュニティの活動が活発だったNEMは、日本支部NEM JAPANが開設したことで、その勢いをさらに強めた。12月10日にはNEMブロックチェーンのセミナーが開催され、12月19日には近畿大学とともにブロックチェーンをテーマにしたトークイベントが開催される予定だ。

 

金融庁は、2019年に行われる金融活動作業部会(FATF)の審査を前に、資金洗浄のリスクに応じ、全顧客を格付けを行うように要請した。金融庁は数年以内にすべての金融機関でこの格付けが行われるようにする方針である。

 

SWIFTがAPIを活用した新たな送金システムの構築に動いていると報じられた。真偽は定かではないが、利便性が高く注目されているRipple社の国際送金サービスのような、新たなものと競合していくには、システムの立て直しが必要不可欠だろう。

 

関連記事

  1. ナスダック、電子投票システムを開発

  2. 昨日(9/10)のニュースまとめ

  3. 欧州の仮想通貨取引所大手Bitstamp、売却へ

  4. 【楽天参入】全みなし業者へ大手企業の資本

  5. ビットコインと金の価格が逆転

  6. 南アフリカ、暗号通貨取引所立ち上げ

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す