ニュース

増加するXRPの取引可能ペア

記事のポイント

  • XRPの取引所上場
  • XRP基軸取引所、新たなペア10種追加

定期的に行われている暗号通貨リップル(Ripple/XRP)の上場だが、今回は取引量世界8位のBiboxと、フランス発の取引所ZEBITEXへの上場を果たした。

 

取引所への上場

取引所への上場が定期的に行われているXRPは、今週も新たな取引所へ上場を果たした。市場は決していい状況とは言えないが。着実に根を張っている。

BiBOX 126日に取引量世界8位の取引所BiboxXRPが上場する。また、上場に合わせ、同取引所ではXRPプレゼントキャンペーンも行う予定を明らかにしている。

 

Zebitex また、1129日にも、フランス初となる暗号通貨取引所ZEBITEXが開設し、XRPを含めた以下10種もの暗号通貨が上場した。

  • Bitcoin/BTC
  • Ethereum/ETH
  • ERC-20
  • Monero/XMR
  • Zcash/ZEC
  • Ripple/XRP
  • EOS
  • Dogecoin/DOGE

フランスでは、暗号通貨関連の法規制整備や税環境の改善を積極的に行っている国の一つで、スイス・イギリス同様、これからの動きが注目されている国である。そんな同国での初となる取引所の活躍には期待したいところだ。

 

CoinField、取引ペア追加

XRPを基軸通貨として取り扱っているカナダの暗号通貨取引所、CoinField125日、XRPの取引ペアをさらに10種増やすことを発表した。

同取引所では、現時点ですでにXRPとの20種もの取引ペアを提供しているが、今回新たに10種追加することで、さらにXRPでの取引の自由度が高まるとしている。

 

まとめ

すでに126か所もの取引所で、取引が可能になっている暗号通貨リップル(Ripple/XRP)は、基軸通貨としても採用され、直近ではR3社のCordaでも決済通貨として採用されている。価格急騰は起きていないが、去年よりも確実に価格上昇し、XRPを利用する機会も増えてきている。今後の活躍にも注目が集まる。

 


参考:ZEBITEX 

関連記事

  1. 暗号通貨に注意喚起「理解してから取引して」

  2. 証券取引で増加傾向のスイープ機能、暗号通貨取引でも

  3. 中国シンクタンク、中央銀行は仮想通貨の導入を検討すべきと提言

  4. 日本のサイバー犯罪対策、オリンピックに間に合うか

  5. 取引所のウォレットと個人のウォレット

  6. 中バイドゥ、ブロックチェーン技術を活用した子犬の育成ゲームを発表

PAGE TOP

ニュース

Rippleを中心とした金融サービスの動き

ニュース

GBPで裏付けされたステーブルコイン[イギリスの取り組み]

ニュース

日本、9年連続新規国債発行減少[ベネズエラはペトロで国債返済狙う]

ニュース

ミニストップ、ブロックチェーン活用実証事業に参加

ニュース

カード型ウォレットWodca,サービス開始

ニュース

昨日(12/16)のニュースまとめ

ニュース

資産に関する情報収集なら「知るぽると」【初心者向け】

ニュース

フィッシング詐欺、脅威増す