ニュース

昨日(12/3)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 北朝鮮、取引所ではなく個人へ暗号通貨ハッキング攻撃対象移行
  • ドイツ投資ファンドXolaris Service、マイニング業特化ファンド設立
  • エストニア、資金洗浄対策として規制強化へ
  • Vitalik Buterin氏、名誉教授へ

更新記事

日本が議長国となる次回G20ではテーマの一つに技術革新やグローバル化による経済社会の構造変化への対応」が挙げられ、デジタル課税や暗号通貨への法規制整備を行う方針が明らかとなった。

 

マイニング業界の勢力図は、市場の下落や米中貿易の影響から大きく変わりそうである。CoinGeekはカナダのマイニング企業に買収され、ブラウン努力を高めていく一方で、Bitmainは米中貿易の影響やIPOの不透明さ、集団訴訟などから苦しい状況となっている。

 

暗号通貨としての普及はもちろん、そのブロックチェーンの幅広い活用がみられるNEMへの期待と関心が高まっている。特に国内では人気のあるNEMだが、日本支部が新たに設立されたことで、その活動はより活発になりそうである。

 

関連記事

  1. SWIFT,APIを活用した新システムで対抗

  2. リップル社と提携のマネーグラムCEO

  3. 昨日(7/30)のニュースまとめ

  4. Zaifに資金援助するFISCO、援助できるほど資金に余裕があるのか

  5. 麻生太郎財務相「規制すればいいというわけではない」

  6. 【PR記事】MINDOL、2度目のTOB実施中

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化