ニュース

日本MSとLayerX協業、期待からGunosy株上昇

記事のポイント
  • 日本MSLayerX(Gunosy/Anypay)が協業
  • ブロックチェーン技術導入支援事業
  • 協業からの期待でGunosy株値上がり

日本マイクロソフトとLayerXがブロックチェーン技術導入支援事業で協業することが発表された。技術導入・普及が期待されるとともに、この発表を受けGunosy株は上昇し、東証一部値上がり率ランキングで2位となった。

 

ブロックチェーン導入支援で協業

1130日、株式会社LayerXLayerX)と日本マイクロソフト株式会社(MS)は、ブロックチェーン分野において協業を開始することを発表した。

両社は、今回の協業で企業へのブロックチェーン導入コンサルティング、開発支援等のサポートなどを行う。

  • ブロックチェーン技術とは 複数の端末で情報を共有し、監視する仕組みとなっており、情報は古いものから順につなげていく形となっているため、ある一部分を書き換えたり、削除したり、といったデータの改ざんが難しい技術となっている。

両社は同技術が透明性・効率の向上やゼロタイムダウン運用可能といった強みから、同技術を導入したいと考えている企業を対象にサービスを提供していく。具体的には、日本マイクロソフトは、Microsoft Azure ベースのブロックチェーンプラットフォームの提供、エンタープライズ市場におけるブロックチェーン導入企業の開拓を行い、LayerX は、ブロックチェーン技術を導入するためのコンサルティングや設計、開発などの技術的なサポートを行っていく方針である。また、この企業向けの導入支援事業のほかに、両社でブロックチェーン技術の普及に向けた施策を検討、実施していくとしている。

 

株式会社LayerX

LayerX20188月にGunosyAnyPayの合弁会社として設立した、ブロックチェーン企業である。今回のマイクロソフトとの協業で、Gunosyの業績拡大につながるとの期待から、個人投資家の買いが集まっており、東証一部値上がり率ランキングでは2位となっている。

  • 株式会社Gunosy ニュース配信アプリを開発・運営している企業で、CEOは福山良典と二人代表制経営を行っている。運営アプリは「グノシー」「ニュースパス」などが存在する。
  • 株式会社AnyPay オンライン決済サービスや割り勘アプリ、ICOのコンサルティング事業などを行っているフィンテック(金融技術)企業である。

 

参考:株式会社LayerX 日本マイクロソフト株式会社 

関連記事

  1. UBSブロックチェーン開発に賛同者

  2. IBM、ステラ(Stellar/XLM)活用決済システム発表

  3. インドの中央銀行が警笛を鳴らす

  4. ビットコインインデックスは『通貨の踏み石』?

  5. インド中銀、独自通貨導入検討しながら取引禁止

  6. ブラジル大手銀イタウ・ウニバンコ、リップルネットに加盟

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化