ニュース

11月のニュースまとめ/振り返り

11月のニュースまとめ

11月はBCHのアップグレードの影響を大きく受けた月だった。当初はBCHのフォークコイン付与を期待した買いが先行して価格上昇が起きたが、ハッシュウォーによる影響を大きく受け価格は急落した。また、価格が急落したことによりマイナーは収益を上げることができず、マイニング工場含め多くの関係者が苦しい状況となった。

国内では暗号通貨取引に係る税金の申告環境が改善され、ICOにも具体的な法規制案が検討さるなど、環境整備の面で動きがみられた。またQUOINEのGeminiとの協業やZaif事業譲渡、BitTradeのHuobiシステムへの移行など、取引所の体制も変化がみられた。

11月の注目記事

  • 勢い増すRipple社とXRP

マイニングへの不信感が募った影響から、マイニングを必要としないXRPやXLMへの関心が高まった。実際にXRPは金融機関に活用され、着々と利用圏を拡大しているという実績から注目を集めた。

  • 暗号通貨のこれから

一部では「分散型」「法定通貨にとって代わる」とされる暗号通貨だが、そもそも暗号通貨、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトはそのようなことを目的に開発したのではなく、政府が経済に干渉しすぎている現状を憂いて開発した。暗号通貨の普及に必要なことは法定通貨に勝つことではなく、法定通貨と共存し、補い合える機能を持つことではないだろうか。

  • 世界初の暗号通貨ETP、誕生

暗号通貨が金融商品として株式市場へ上場する。これまでは認可を受けたとはいえ、歴史の新しい暗号通貨取引所で取引することが主流だったが、この暗号通貨のETPが誕生したことで、より多くの投資家が暗号通貨投資に参入しやすい環境となった。

関連記事

  1. 昨日(7/6)のニュースまとめ

  2. 昨日(7/18)のニュースまとめ

  3. インドネシア、ビットコイン禁止か

  4. 世界初、XRP基軸のみの取引所

  5. 昨日(11/27)のニュースまとめ

  6. 欧州銀行監督機構(EBA)、フィンテック規制のロードマップを来週発表

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化