ニュース

SBI、みずほファイナンス、ブロックチェーンでの送金システムの開発へ

SBIがみずほFGとブロックチェーンを利用した送金システムの開発を急いでいるようだ。

 

 

海外送金を迅速かつ手軽に行う新たなシステムの開発、という目的とブロックチェーンの技術は非常に相性がよく、最近はこういう話題を目にすることも多いが国内の銀行としては三菱UFJがコインベースに出資して送金システムを作ろうという話に次いで二例目だろう。

 

繰り返しになるが、ブロックチェーンという分散型の認証システムと、海外送金は相性がいい。つまり、フィンテック企業とのコラボレーションでこういうシステムが実現する可能性はかなりある。

 

近い将来、海外送金の手数料が安くなるのはもはや確実といっていいかもしれない。

 

話を本筋に戻すと、SBIとみずほは、どちらも国内外の主要金融機関が参加するブロックチェーンの勉強会に参加しており、ブロックチェーンに関する興味関心はもともともっていたようだ。(ちなみにこれには三菱UFJも参加している)

 

現在の海外送金のシステムは、かなり大規模なものを利用しており、送金の際には間に専用の口座を経由しなければならない。この経由によって時間的にもロスが生じ、即日の送金というのは事実上困難なものになっている。

 

また利用者サイドからすると手数料もかなり高額である。しかし、ブロックチェーンを利用したシステムが実現すれば、

 

即日なのはもちろん、なんと数秒で送金手続きが完了する可能性すらある。そして送金手数料も今よりずいぶん抑えることができる。

 

海外在住の家族がいる人はもちろん、海外業者とのやりとりのある多くの企業にとって大きな利益があるだろう。

 

更に、今回のSBI,みずほの共同開発では、ほかの金融機関に参加を呼び掛けている点も見逃せない。

 

前述の三菱はコインベースに出資し、独自のシステムを一足先に作ろうとしていた、しかし、SBIとみずほが即座に追随してシステムを開発することになった。

 

この先海外送金というフィールドでメガバンク同士でのしのぎの削りあいが始まるかもしれない。

 

関連記事

  1. レイブロックスがナノに改名

  2. 米ムーディーズ「BTC先物上場」でCMEやCboe格付けに影響なし

  3. 中国Huobi、中国国内最大のビットコインプラットフォームに

  4. 金融庁はコインチェック以外にも立ち入り調査

  5. 欧州中央銀行、仮想通貨を無視できない

  6. 米ゴールドマン・サックス、R3コンソーシアムから脱退

会計事務所紹介センター

Rentberry

GMOコイン

最近の記事

QUOINEX

Twitter

Instagram

BITPOINT

BTC・XRP・ETHの現在価格

コインマップ

PAGE TOP

ニュース

【上場廃止か??】元飲料会社ロング・ブロックチェーン、社名変更も無意味

ニュース

【あなたは賛成?反対?】ニュースサイトで暗号通貨マイニングを収入源とする試み

ニュース

【超高額!!】不動産物件をBTCで売り出す

ニュース

仮想通貨の自主規制団体がついに統合へ向け協議

ニュース

【何故】仮想通貨反対キャンペーンにポーランドの中央銀行スポンサーとなっていた

ニュース

米ホワイトハウス関係者、仮想通貨関連規制は当面先であるとの見方を示す

ニュース

Mr.Exchangeで誤作動か?ユーザーの不信感高まる

ニュース

【全額返金へ】コインベースが仮想通貨購入代金を過剰請求、VISAも認める