ニュース

昨日(11/28)のニュースまとめ

更新記事

トッパン・フォームズ株式会社とゼロビルバンク株式会社は今後市場拡大が予想される情報流通事業で透明性と信頼性の高い情報を流通させるプラットフォーム実現のために、ブロックチェーン技術やスマートコントラクト、PDSなどを活用し共同開発を行っていく。

 

日本でも暗号通貨関連の法規制整備へ向けた動きは積極的に行われているが、東南アジアの中心であるシンガポールや香港では、より安全に取引ができるように法規制整備が行われている。香港では10月、顧客の資産を紛失した際に、取引所やファンドマネージャーが保障することを義務付ける規制が策定された。

 

以前に【加速するXRPの基軸化】の記事の中で暗号通貨リップル(Ripple/XRP)が基軸通貨として採用されつつあることをお知らせしたが、今回はどのくらいの取引所でXRPが扱われているのかを紹介する。XRPを基軸にした取引所は増えてきているものの、日本にはXRPを基軸とした取引所はいまだ存在しない。XRPの取引が多いbitbankやRipple社とつながりのあるSBI VCがXRP基軸市場を提供するのではないかと期待されている。また営業が再開されたコインチェックもXRPを多く保有していることから、今後の動きに期待があつまる。

 

関連記事

  1. 邦銀仮想通貨連合から地銀11行離脱

  2. 金融庁、匿名通貨の取り扱い廃止を推奨

  3. ついにYahooでも!相次ぐ大手企業の暗号通貨業界への参入

  4. EU全域対象の仮想通貨規制

  5. 金融庁、送金業務特化の新たな区分[フィンテック促進へ]

  6. Monero、違法マイニングの標的になりやすい

PAGE TOP

ニュース

1週間(3/18~3/24)のニュースまとめ

ニュース

昨日(3/23)のニュースまとめ

ニュース

モバイル決済投資サービスZeux、新たにIOTA対応発表

ニュース

取引所CoinField、XRP基軸市場に130種ものトークン追加発表

ニュース

イスラム法準拠の取引所Rainにリップル(Ripple/XRP)上場

ニュース

取引所OKEx、独自チェーン・DEXの計画発表[大手取引所によるDEX]

ニュース

取引所bitbank、BSVを日本円に換算して付与

ニュース

昨日(3/22)のニュースまとめ