ニュース

スイスの証券取引にビットコインが利用可能に

世界で最もビットコインに対する理解が進んでいる国のひとつであるスイス。ついに証券取引にビットコインの利用が可能になるようだ。

 

 

 

スイスの銀行のひとつであるVontobel AG銀行がスイスの株式をビットコインで取得できるシステムを導入した。

 

仮想通貨取引所を利用せずにビットコインで株式を取得できるのは画期的な試みである。

 

同行の投資信託部門責任者のロジャー氏は、「このサービスを利用する投資家は、スイスの証券取引所で初めて、シンプルでクリアーなビットコイン投資を行うことができるようになる」と語っている。

 

一方、スイス国内の有名なタックスヘイブンであるツークでは、この7月から公共料金をビットコインで支払うことのできる試みが開始されており、スイスは仮想通貨の利用に関して最もプログレッシブな国のひとつである。

 

公共料金もビットコインで(試験的にではあるが)、株式取得もビットコインで、とビットコインの活躍の場が広がっていけば、そのうちスイスは仮想通貨だけで生活できる国になるかもしれない。

 

日本もMUFGが仮想通貨の開発に乗り出したことで、これから先まだまだビットコインをはじめとする仮想通貨が広がりを見せる余地があるとはいえ、さすがにヨーロッパにプラクティカルな面で追いつくには今しばらくの時間がかかりそうだ。

 

 

 

 

関連記事

  1. タイ王国でICOの規則を進める

  2. オランダの銀行はオリジナルのウォレット事業へ

  3. マイニング電力、入札制

  4. アフリカにおけるビットコインの持つ可能性

  5. ICOのガイドライン発表[リトアニア]

  6. 【ゴールドマン・サックス】仮想通貨バブルが崩壊しても問題ない

PAGE TOP

ニュース

韓国、規制整備や投資で発展促す

ニュース

日本でブロックチェーンを活用した投票は可能か

ニュース

送金手数料無料ウォレット機能リリース

ニュース

アメリカも、自主規制団体設立

ニュース

中国格付け、KMD・BTCが大きく順位上昇

ニュース

「BTCは金よりも有用性が高い」

ニュース

XRPでらくらく決済

ニュース

SBI、暗号通貨業界への意欲