ニュース

Gatecoinが50万ドルを調達し業務を再開へ

仮想通貨取引所のGatecoinが50万ドルの資金を新たに調達し、業務を再開することを決定した。

 

 

Gatecoinは5月の中旬にシステムのハッキングを受け、185000ETH(イーサー)と250BTCという多額の損害を受けていた。

 

同社はこの損害を受け、原因究明のため一時業務を休止していた。

 

損害額の規模が大きかったこと、そしてCTO自身にも疑いがかかる可能性があるため、当時のCTOは解雇され、新たな人物を雇い入れての再スタートとなる見込みである。

 

今回の資金提供を行ったのは日本の企業だとされているが、詳しい状況は明らかにされていない。

 

同社は50万ドルの新たな資金の使い道として、被害者に対する返金を行うほかに、セキュリティの強化、エンジニア部門の増強を行い、再発防止に向ける予定であるとしている。

 

仮想通貨の取引所や、仮想通貨プラットフォームを狙った犯罪はかなり増えてきている。

 

軌道に乗ったばかりのスチームイットがハッキング被害を受けたのも記憶に新しいことであるし、先日はイーサリアムのハッキング被害に対するハードフォークが確定したところでもある。

 

逆説的に考えれば、そこに財産的価値が認められればこそのハッキングともいえるから、世界全体を通じた仮想通貨の価値は高まってきていると言っていい。

 

従い、こうした犯罪が増えることそのものが仮想通貨をより確かなものにしていくという見方もできるであろう。

 

ただし、モノが仮想で存在しないとあって、こうしたセキュリティの強化はこれからの課題となるかもしれない。

 

 

関連記事

  1. 大手取引所クラーケン、NY当局の対応を批判

  2. ロシアは7月までに新たな「仮想通貨規制法」施行

  3. 東京大学大学院の実証実験にブロックチェーンが利用される

  4. 昨日(1/12)のニュースまとめ

  5. フィリピン「クラウドマイニング契約は証券」

  6. 指輪にブロックチェーン技術活用

PAGE TOP

ニュース

Ethereumのアップグレード2度目の延期へ

ニュース

BTCのハッシュレート分散化[Bitmain事業縮小]

ニュース

取引所Cryptopia,ハッキング事件か出口詐欺か

ニュース

マレーシア、暗号通貨規制導入

ニュース

昨日(1/16)のニュースまとめ

ニュース

資金洗浄・テロ資金供与とは[基礎知識]

ニュース

Liquid、QASH保有量・期間に応じてXRPプレゼント

ニュース

昨日(1/15)のニュースまとめ