ニュース

昨日(11/20)のニュースまとめ

昨日のニュースまとめ

  • 取引所Kraken、BCHSVの取り扱いを開始
  • カタルーニャ政府、投票の完全電子化でブロックチェーン導入検討
  • カナダ金融委員会、政府に資金洗浄防止のための規制作りを提言
  • XRP,アゼルバイジャンの取引所へ上場

更新記事

BCHのハードフォークの影響を受け暗号通貨市場は乱高下している中で、暗号通貨リップル(Ripple/XRP)やファクトム(Factoid/FCT)に注目が集まっている。FCTを取り扱っている国内取引所はみなし業者であるコインチェックのみとなっているが、今後の活躍によっては国内取引所でも扱うところは増えていくのではないかと期待されている。

 

暗号通貨市場は悲観的になっているが、それに相対して機関投資家の動きは活発になってきている。2019年にはいよいよ金融活動作業による世界で統一された暗号通貨への規制が行われる。

 

機関投資家が動き始め、暗号通貨も投資先としても認められるようになってきた。また政府への信頼が揺らぎ、法定通貨が通貨として機能しない地域での通貨としての役割も果たし、決済手段としての利用機会も増えてきている。法定通貨が通貨として機能している限りは、暗号通貨は補助的な役割を果たし、共存していくとみられている。

 

関連記事

  1. 証券取引所、企業のICO可能に[ロシア]

  2. マイニング事業のために電気窃盗[マイニング]

  3. ECBの仮想通貨規制

  4. BTC3週間ぶり安値、韓国当局による最大取引所の強制捜査を嫌気

  5. 暗号通貨管理の究極法とは?!

  6. 仙台でNEMのミートアップ

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ