ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

記事のポイント

  • BCHへの取引所の対応
  • BCHのこれから

取引所によってコインの名前が変わる。先日ハードフォークしたビットコインキャッシュ(BCH)は、BCHは開発に関する意見が対立していたABCSVとで分裂した。分裂に関して、いつもであれば「トークン付与が行われるか」に注目が集まるが、今回は「BCHの名称・扱い」に関して注目が集まっている。

 

取引所の対応

BCHは結果として分裂したが、取引所の対応もそれぞれとなっている。それぞれのコインをどのように扱うのかが注目が集まっているが、日本では取引所が新たに暗号通貨の取り扱いを開始する際には日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)への届出と承認が必要となるため、対応がいつになるのか、は明らかとなっていない。

 

  • Binance 世界大手取引所のバイナンスは1116日にBCHABCBCHSVの付与を行うと発表した。またこれまでの(分裂前の)BCHの残高は取り消し、取引ペアも廃止することを発表した。

  • Huobi ホビィは1118日、チェーンの長さからBCHABCを正式なBCHをとしてみなし、既存のBCHを継続させることを発表した。またBCHSVBSVとして取り扱うことを発表した。

 

 

BCHのこれから

取引所によって同じ通貨を扱っていても名称が異なるため、多くの取引所を利用している方にとっては面倒なものとなっている。また名称が異なるため、BCHについて知らない方にとっては別物だという認識されてしまう。

PoliniexではBCHが分裂する以前から別々のコインとして取引を行っていることから、Binanceと同じような対応となるのではないかとみられている。ただ他の大手取引所であるCoinbaseOKExが明確な指針を出していないことから、今後どのようにBCHABCBCHSVが扱われていくのかに注目が集まっている。

日本ではJVCEAの届出と承認が必要となっているため、国内取引所では対応にはある程度統一されるのではないかとみられる。ただ国外取引所で対応の違いがあるため、

 

関連記事

  1. ロシアの銀行がスイスで取引所開設へ

  2. 注目集まる暗号通貨業界、金融庁は動けるか

  3. 中国、規制体制変わらず

  4. SBI VC新規口座開設開始

  5. サウジアラビアの禁止措置、解禁への試み

  6. 中国人民銀行がICO禁止について検討へ

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化