ニュース

BCHに対する取引所の対応[名称や取り扱い]

記事のポイント

  • BCHへの取引所の対応
  • BCHのこれから

取引所によってコインの名前が変わる。先日ハードフォークしたビットコインキャッシュ(BCH)は、BCHは開発に関する意見が対立していたABCSVとで分裂した。分裂に関して、いつもであれば「トークン付与が行われるか」に注目が集まるが、今回は「BCHの名称・扱い」に関して注目が集まっている。

 

取引所の対応

BCHは結果として分裂したが、取引所の対応もそれぞれとなっている。それぞれのコインをどのように扱うのかが注目が集まっているが、日本では取引所が新たに暗号通貨の取り扱いを開始する際には日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)への届出と承認が必要となるため、対応がいつになるのか、は明らかとなっていない。

 

  • Binance 世界大手取引所のバイナンスは1116日にBCHABCBCHSVの付与を行うと発表した。またこれまでの(分裂前の)BCHの残高は取り消し、取引ペアも廃止することを発表した。

  • Huobi ホビィは1118日、チェーンの長さからBCHABCを正式なBCHをとしてみなし、既存のBCHを継続させることを発表した。またBCHSVBSVとして取り扱うことを発表した。

 

 

BCHのこれから

取引所によって同じ通貨を扱っていても名称が異なるため、多くの取引所を利用している方にとっては面倒なものとなっている。また名称が異なるため、BCHについて知らない方にとっては別物だという認識されてしまう。

PoliniexではBCHが分裂する以前から別々のコインとして取引を行っていることから、Binanceと同じような対応となるのではないかとみられている。ただ他の大手取引所であるCoinbaseOKExが明確な指針を出していないことから、今後どのようにBCHABCBCHSVが扱われていくのかに注目が集まっている。

日本ではJVCEAの届出と承認が必要となっているため、国内取引所では対応にはある程度統一されるのではないかとみられる。ただ国外取引所で対応の違いがあるため、

 

関連記事

  1. モナコインの盗難、補填は旧運営の自己資本

  2. 政府、マイナンバー普及に動き出す[健康保険法改正案]

  3. コインチェックの子会社か完了

  4. サイバー対策に本腰を入れた警視庁

  5. どうなる!?ビットコインETFの未来

  6. コインチェック、訴訟費用は最大で20億

PAGE TOP

ニュース

GMO.レバレッジ取引専用ツールの提供

ニュース

丸紅、ブロックチェーン技術を用いた実証実験開始[電力供給システムの分散化]

ニュース

Amazon、オンライン決済利便性向上へ[インドのキャッシュレス促進]

ニュース

ビットポイント、タイでの暗号通貨サービスへ

ニュース

JVCEA、取引高・保有額に関する統計公表

ニュース

日銀、中央銀行デジタル通貨に関する論文公表

ニュース

投資被害・先物取引被害110番が開始

ニュース

昨日のニュースまとめ