ニュース

昨日(11/21)のニュースまとめ

更新記事

暗号通貨と法定通貨、これらは今後どのように変化していくのだろうか。誰からも支配されない暗号通貨は価格変動が大きく、価値の保存には向いていないものの、銀行口座を保有せずとも送金ができる強みがある。法定通貨は暗号通貨のように素早い取引ができないものの、国が管理し保証しているため価格は安定している。これらの特徴をお互いに補い合いながら共存していくのが理想だと思われるが、中央銀行がデジタル通貨を発行した場合この均衡はどうなっていくのだろうか。

 

世界はデジタル化に進んでいる。 国際通貨基金は中央銀行によるデジタル通貨発行の可能背についても検討が必要だと言及するなど、各企業・個人間ではなく世界全体で金融業界のデジタル化が進められている。日本は厳しい規制の影響・現金志向からデジタル化は先進国の中でも遅れているが、金融機関はこれからの生き残りをかけてサービスの改善に注力している。

 

暗号通貨を悪用した詐欺は多く存在し、コインの森でも「質問コーナー」で詐欺とみられるプロジェクトの注意勧告を行っています。詐欺プロジェクトを知っておくことも重要ですが、まずは暗号通貨を購入する際に、どのに注意を置けばいいのか、また被害にあった場合どこに相談すればいいのかを紹介いたします。

 

関連記事

  1. BTCによるチャリティプロジェクト、61億円寄付

  2. 新たなパートナーシップ「アメリカのビットペイと韓国のビッサム」

  3. ジンバブエ、暗号通貨禁止措置

  4. インドの最高裁判所の見解

  5. ロシアのバーガーキングがビットコイン決済を検討か

  6. 浮遊島プロジェクト

PAGE TOP

ニュース

SEC「ICOは有用だが、証券法を守る必要がある」

ニュース

Bitmain,価格下落の影響受け、イスラエル支部閉鎖へ

ニュース

「ICO禁止」は違憲となるか[韓国]

ニュース

石油業界の変化[アブダビ国営石油会社、IBMと提携]

ニュース

昨日(12/10)のニュースまとめ

ニュース

資金決済法・金商法の改正【暗号通貨業界どう変わる】

ニュース

中国、STOも規制へ[STOとは]

ニュース

特許申請盛んなマスターカード、今度は取引の匿名化